金返せ‼︎すき家【さんま牛】に牛肉がない⁉︎牛丼チェーン店にあるまじき失態‼︎

By

スポンサードリンク

すき家の期間限定メニュー「ねぎ玉さんま牛」をテイクアウト



先日、すき家で「カレー南蛮牛丼」をテイクアウトした時のこと。


 関連記事  すき家 の 期間限定【カレー南蛮牛丼】をガッツリ試食!緊急リポート


カウンターに「秋はさんま」というキャッチコピーのチラシが置いてあり、「さんま蒲焼き丼」と「さんま牛」が期間限定新発売されたことを知りました。


私がいつもテイクアウトするすき家の店舗は、対応するのが外国人の定員さん。カタコトの日本語しか話せないのだけれど、親切な感じで、注文をすれば数分も経たないうちに品物を出してくれるので嫌な印象もなく、逆に便利だなぁ、くらいに思ってました。


何しろ、すぐに注文した弁当が出てくるのでメニューをじっくりと見る時間がない。しかし、この時に「さんま牛」のことを知り、次回にテイクアウトしてみようと考えていたのです。


昨日、たまたま「すき家」の前を通ったため、さっそく「さんま牛」を食べてみることにしました。

スポンサードリンク

「ねぎ玉さんま牛」をテイクアウト


カウンターのメニューを見ながら、内容を確認。


すき家の「さんま」シリーズは3種類ありました。



さんま蒲焼き丼

脂の乗ったさんまを三度の付け焼きで香ばしく、ふっくらと仕上げました
※小骨に注意してお召し上がりください。

並盛
580円
(756kcal)

ごはん大盛
620円
(894kcal)

特盛(さんま2枚ごはん大盛)
830円
(1,167 kcal)



さんま牛

すき家の新提案!さんまと牛丼の欲張り丼。
※小骨に注意してお召し上がりください。

並盛
680円
(909kcal)

ごはん大盛
720円
(1,047 kcal)

特盛(さんま2枚ごはん大盛)
930円
(1,320 kcal)



ねぎ玉さんま牛

ピリ辛のコチュジャンだれが人気のねぎ玉トッピング!
※小骨に注意してお召し上がりください。

並盛
780円
(1,021 kcal)

ごはん大盛
820円
(1,159 kcal)

特盛(さんま2枚ごはん大盛)
1,030 円
(1,432 kcal)


3種類あり、どれも皆おいしそうだが、初めての試食でもあるので、③の「ねぎ玉さんま牛」をテイクアウト。



弁当と、大根おろし、卵が別々になっているようなので、チラシで見た通りねぎの上に両方かけました。



これが「ねぎ玉さんま牛」!


うん。


美味しそうですね!


さっそく味見を。



さんまに多少の小骨がありますが、良く噛めば大丈夫なレベル。魚特有の臭み感もなく、大根おろしがサッパリとしていてとても美味しいですね!


しかし…


何かがおかしい。


食べ進めるうちに、違和感が生じ、やっと原因に気付きました。



あれ!?


牛肉が入ってない!!


さんまの下にも、ねぎの下にも。どこにも「牛丼」が存在しないのです( ̄◇ ̄;)


こんなことってあるのか!?


もしかして、間違って他のメニューを注文したのか?


確認してみると、ねぎの入ったさんま牛のメニューはひとつだけ。


おかしいな…


大手の牛丼チェーン店が牛丼を入れないなんてことをやらかすのか!?


これって、仮に「ねぎ玉牛丼」を注文したら、ご飯の上にねぎと卵だけ乗せたものを出されたのと同じことですよね(汗)もしそんな物が出てきたら、お客さんは怒りますよ…。


う~ん。


いろいろと考え、たまたま残してあった冒頭のレシートを見てみる。


なんだこれは!?


よく分からないけと、①の「さんま蒲焼き丼」にねぎ玉を別に注文したことになってるのでは!?


初めて頼むのに、わざわざ牛丼を外して、こんな凝った注文する人がどこにいるというのか?「さんま」だけ食べたいのなら、他の店に行くわ!!


どうやら、そもそもの原因はあのカタコトの日本語しか話せない外国人の店員さんにあるようです。


カタコトの日本語しか話せないのに、レジの日本語が分かる訳ないよな…。きっと、「ねぎ玉牛丼」という項目が分からなかったので、さんま蒲焼き丼+ねぎ玉とレジ打ちしたのかも知れません。


まとめ/すき家の店員がカタコトの日本語しか話せない外国人だったら


すき家でテイクアウトする際、店員さんがカタコトの日本語しか話せない外国人だった場合、次のようなチェックが必要かも知れません。



レシートを良く見る。


注文通りの品が出されたか、「日本語の表記」に入力の誤りがないかをチェック。



中身を確認


レシートの記載に疑問を感じたら、テイクアウトした弁当の中身を開けてみることも必要になるかも知れません。



完全なトラブル回避をしたいなら


すき家のWEB弁当」を利用して、店頭注文を避けるのも有効かも知れません。


もちろん、電子マネーの利用も問題ないはずですよね。



「すき家」「はま寿司」「ココス」「ジョリーパスタ」「華屋与兵衛」「牛庵」「焼肉倶楽部 いちばん」「焼肉 宝島」で使えるゼンショーグループの電子マネー「ZENSHO CooCa(ゼンショー・クーカ)のアプリです。


消費者にこんな手間をかけさせるなんて。ちゃんとした日本語を使えない外国人を安い賃金で雇っているのなら、トラブルのないようにしっかりと社員教育をして、リスク回避をすべきだと思います。


それにしても、「飲食物供給契約」の不完全履行なんて久方振りの出来事で、ビックリしました...。


すき家よ。金返せ!!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする