【癌 の ドラマ】はなわ さんの「お義父さん」胃がんで死去

By




スポンサードリンク


はなわさんの「お義父さん」が末期の胃がんで死去


無題


お笑いタレントのはなわさん。11日に自身のブログで、「末期の胃がんと診断され、闘病を続けていた嫁のお父さんが、10月8日ついに天国へと旅立ちました」と、妻・智子さんの父が亡くなったことを報告しました。



スポンサードリンク


妻・智子さん、はなわさんの「お義父さん」がきっかけで父との再会を果たしていた


はなわさんといえば、昨年の3月、智子さんの誕生日プレゼントに「お義父さん」という義理の父に宛てたメッセージソングを制作。YouTubeでの公開やテレビ番組などで披露されたことで、大きな話題となっていました。



「お義父さん」は、智子さんが貧乏を乗り越え、今では立派な母親になった様子を歌った曲です。


私は、はなわさんが誕生日だった智子さんへこの曲を演奏している場面をたまたまテレビで観たのですが、その時に、「お義父さん」が作られた経緯として智子さんが2歳の時に父が失踪したこと、女手一つで育てられたこと、はなわさんと結婚し3男をもうけた後も父との再会をずっと拒んできたことを知りました。


その後は、すっかりとこの話題について忘れておりましたが、今回のマスコミ各社の報道で知った、末期の胃がんによる義理の父の訃報。


智子さんは、お父さんとの再会を果たし、最期を看取ることが出来たようですね。


気になって調べてみると、「お義父さん」をプレゼントされる1週間ほど前に、親戚から「お父さんが末期がんで、智子に会いたがっている」と連絡が来たそうです。


その時、智子さんは「(はなわさんに)迷惑がかかるから」と断ったようですが、はなわさんから贈られた曲のプレゼントが「会いに行けってことなのかな」と再会を決意。


「お義父さん」が、再会を果たすきっかけとなる、ドラマのような展開があったのですね。


「お義父さん」という曲から始まった劇的な話し。


良い意味でも、また悪い意味でも、「癌」は、人生においてドラマチックなエピソードをもたらすようです。


love.



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply