人気子役だった内山信二さん「余命6年」の診断を受けていた

By




スポンサードリンク


内山信二、腸に6つの腫瘍が発覚!5月には“余命6年”診断受ける


「あっぱれさんま大先生」の子役タレントとして人気を博した内山信二(36)さん。11月6日に放送されたTBS「名医のTHE太鼓判」の番組企画で行なった大腸内視鏡検査の結果、6つもの腫瘍性ポリープがあることが発覚しました。こちらで内山信二、腸に6つの腫瘍が発覚!5月には“余命6年”診断受けるという記事にもされています。





スポンサードリンク



精密検査の結果、腸に6つもの腫瘍性ポリープがあることが発覚した。


私も大腸に腫瘍性のポリープが見つかり、すぐに切除しました。


何はともあれ、腫瘍性ポリープが発見できたことは幸いでしたね。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply