【ストレス・癌・ 性格の関係】ちょっと気になるお話しについて、僕も考えてみた

By

スポンサードリンク

「ガンになる性格」を知っていますか?


癌と性格との関係をピックアップした、ちょっと気になる話しが、こちらの「ガンになる性格」を知っていますか?という記事で紹介されています。

スポンサードリンク

「性格」が癌のリスクを高めることを明らかにした人がいる、としてアメリカの心理学者2人の名前を挙げ、下記の共通した「性格的特徴」があると述べられています。



1 怒りを表出しない。過去においても現在においても、怒りの感情に気づかないことが多い。

2 ほかのネガティブな感情、すなわち不安、恐れ、悲しみも経験したり表出したりしない。

3 仕事や人付き合い、家族関係において、忍耐強く、控えめで、協力的で譲歩を厭わない。権威に対し従順である。

4 他人の要求を満たそうと気をつかいすぎ、自分の要求は十分に満たそうとしない。極端に自己犠牲的になることが多い。


たしかに、これらの特徴はストレスを溜め込みやすい「いい人」と呼ばれる人にありがちな特徴といえなくもありませんね。


ただ、これって、何も「癌」だけの原因と断定されるような特徴とは言えないと思います。


このような、癌になるかもしれないけど癌だけにありがちなことじゃないよなぁ~って思いつつ、間違ってますよ、とも言えない記事。


日々、この程度の根拠だけで「癌」をお題目とした記事が量産されているのが現状なのです。


まあ、ストレスを溜めるのはよくないので、これをキッカケに考えてみるのは悪くはないのかも知れませんね。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする