おかずのクッキング・土井善晴先生の素材のレシピ「納豆編」が神回だった件

By




スポンサードリンク


おかずのクッキング・土井善晴先生の素材のレシピ「納豆編」が神回だった件


毎週土曜日の4時55分からテレビ朝日で放送中の長寿料理番組「おかずのクッキング」。


料理研究家・土井善晴先生の素材を生かしたあっと驚くシンプルなレシピに衝撃を覚えて以来、毎週欠かさずチェックしているのですが、11月11日に放送された「土井善晴先生の素材のレシピ 納豆」編は、あまりにもシンプル過ぎ、「ええっ?これだけ!?」と再び衝撃が走りました。




番組を観終わったあとに紹介されたレシピのうちの一品を試しに作ってみたところ、とても美味しいうえ誰でも作れちゃうお手軽さ!今回の放送回はまさに土井先生の真骨頂となるような「神回」だと思わされました。



スポンサードリンク


私が作ってみたのは「揚げたま(ご)なっとう(包み)」。最低限、納豆と卵があれば作れちゃう超お手軽メニューです。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


まず、市販の納豆にしょうゆを垂らして30回混ぜる。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


フライパンに油を引き、溶き卵を流し入れオムレツの要領で卵を焼きます。


トントントン、トントントン。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


卵がふわふわの半熟状になったところで、真ん中からちょっとずらして納豆をのせます。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


ここで土井先生は青ねぎを入れてましたが、私は青ねぎがダメなのでオクラで代用。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


卵を包んで完成です。


たったこれだけの簡単レシピをテレビで堂々とやってのける土井先生。観ていてほんとビックリしましたよ!


僕はこれをカレーに乗せました。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


揚げたまなっとうカレー。


揚げたま(ご)なっとう(包み)


ただ焼いた卵で納豆を包んだだけなのに何でこんなに美味しいのだろう...(汗)


今回、土井先生が実演されたレシピは3つ。あとの2つ「なっとう餅みそ汁」と「なっとうトースト」も近々試してみようと思ってます。トーストはもっと簡単だし、みそ汁のほうはお餅の主食入りなのでこれだけでも満足できそうですね!お正月にも最適かも。


番組では土井先生らしいウンチクも語られてましたので、興味がおありの方は無料動画アプリのほうでチェックしてみて下さい。




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply