新たながん治療「免疫療法」の臨床試験、年内にも開始か

By

スポンサードリンク

新たながん治療「免疫療法」の臨床試験、年内にも開始か


近赤外光をあててがん細胞を壊す新しい免疫療法が、年内にも国内で臨床試験をする方向である、とこちらでがん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績:朝日新聞デジタルという記事になっていました。


スポンサードリンク

近赤外光を当てると反応する化学物質と、特定のがん細胞に結びつく性質があるたんぱく質(抗体)を結合させた薬を注射すると、抗体はがん細胞と結びつく。近赤外光を当てると、化学物質が反応してがん細胞を破壊し、これをきっかけに免疫細胞が活性化するという。


この、近赤外光を使った新たな「免疫療法」が、根治手術に代わるがんの治療法への足掛かりとなってくれると良いのですが。


 関連記事  【抗がん剤】の副作用、後遺症 | 癌の治療をはじめる前に知っておくべきカラクリや現実とは!?


胃がんの重い後遺症が残る最大の原因は「胃の全摘」ですが、後遺症の原因はそれだけではないようです。なぜなら、胃を全摘しても嘘みたいに元気でお過ごしの人も多数いらっしゃいます。

どうやら、胃がんが発覚した時の病状・ステージや治療方法、また化学療法や胃切除の術式によって副作用、後遺症や予後が全然違うものになるようです。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする