【がんのリスク因子】アルコールの認知度は約30%[トピリスト]

By

スポンサードリンク

【がんのリスク因子】アルコールの認知度は約30%[トピリスト]


がんのリスク因子として約70%の人が喫煙・日焼けを認知しているが、アルコールは約30%の人しか認知していない - がん情報サイト「オンコロ」


”ビール、ワイン、リキュールなどのアルコールががん発症率を増加させるという事実にアメリカ国民は気づいていません。しかし、アルコールががん発症のリスク因子であるという事実は決定的であり、そのためがん発症リスクを低下させるための医療ガイダンスを確立し、国民が行動変容するように支援しなければなりません。”


がんの発生を抑える免疫監視機構は間違いなく存在するが、個人差が大きい。 - Yahoo!ニュース


抗PD-1抗体治療薬オプジーボだが、一般の方の多くがオプジーボがガンを直接叩くと誤解している。

これはチェックポイント機能により免疫反応が抑えられるのを抑制する薬剤で、決してガンを直接叩いているわけではない。

免疫系が、ガン細胞を自分とは違う異物として区別できて初めてこの治療が有効になる。


飲酒でがんはどれくらい増えるのか?米学会の声明|MEDLEYニュース


声明は、適切な飲酒量については、世界がん研究基金・アメリカがん研究協会の推奨にある「アルコール飲料が消費されるなら、消費量を男性なら1日2ドリンク、女性なら1ドリンクに制限せよ」「がん予防のためにはアルコールを飲まないのが最善である」という記載を引用しています

スポンサードリンク

廃棄される抗がん剤、年間720億円分 慶大教授が試算 : 朝日新聞デジタル


抗がん剤の注射薬や点滴薬の多くは、瓶単位で売られている。患者ごとの使用量は体格によって違い、1回で使い切れないことがほとんどだ。その大半は捨てられてきた。


日本人は「がん」にビビりすぎ?がん治療に対する日米の違いが明らかに - エキサイトニュース(1/4)


“大腸がんで手術”ユ・サンム、抗がん剤治療の結果を伝える(全文) - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle


ユ・サンムは16日、自身のInstagramに「いよいよ坑がん剤が終わって、CTを撮って結果が出ました」という書き込みを掲載した。


デーモン閣下(悪魔)を起用した広島県がん検診ポスターが話題|おたくま経済新聞


ネット上ではデーモン閣下を起用した広島県ががん検診のポスターが、デザインが変わるごとに訴えが強くなっていると話題をよんでいます。






関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする