【胃がん×抗がん剤】の後遺症?目が見えなくなりました[今日のエッセイ]

By

スポンサードリンク

真冬並みの冷え込みと風邪のような怠さ


【胃がん×抗がん剤】の後遺症?目が見えなくなりました[今日のエッセイ]


胃がんの全摘手術をしてから5年と7ヶ月15日目。


この日の体重46.4kg。ここずっと、目方が46キロ台で落ち着いてしまってます。おそらく、筋力の低下やるいそうが進行してしまっているのだな、と。この先、さらに悪化した場合、自分にどんなことが訪れるのでしょうか?


それにしても、最近の急な冷え込みは一体、どうしたというのだろう。体がまったく付いていけてません(汗)おまけに、先日かぜを移されるのでは?という一幕が的中したようで…。朝から風邪のような怠さで1日がスタートしました。

スポンサードリンク

米から作る丸ごと大根めし


朝ごはん。目まいがひどく、頭が重くて日常作業すらままならない。ご飯すら炊けない有り様には呆れる次第です(汗)仕方ないので、久しぶりに米からフライパン炊飯。



大根の葉っぱも皮もすべて使い切る「丸ごと大根めし」を作った。


 関連記事  フライパン で簡単!丸ごと 大根炊き込みご飯 | 大根めし の美味しい作り方・レシピ



今回は少しだけ残ったカレーを加え、マヨネーズとハーブソルトで味付け。ちなみに、カレーを大根めしに入れるのが一般的な地方もあるそうです。



フタをして、あとは弱火で煮込むだけ。



12、3分ほどで完成です。



やってみると美味しくて簡単な大根めし。便利な調理法ですね。

しかし、ちゃんとご飯炊かないとなぁ…(汗)


頭が上がらず、起き上がれない


今日は少しも気温が上がらない。体調もよくならず、目まいがひどくて長時間頭を上げていられません。症状は次第にひどくなり、起き上がることも出来なくなりました(汗)何もできない…。


「なっとう餅みそ汁」で凌ぐ


昼ごはん。


ご飯が炊けず、作り置きもなし。パンもきつい。外食なんて無理だし…。こんなとき、独り身はつらいものです。最近知ったレシピで凌ぐことにしました。



湯を沸かし、油揚げを手でちぎって入れる。味噌を溶き入れ、餅を2個。あとは仕上げに納豆をトッピングするだけ。具合が悪くても簡単に作れる、主食入り味噌汁です。



なっとう餅みそ汁。なぜか、今の自分は米よりも餅の相性が良い。食べても白飯のようにグッとくる感じがしないのです。


 関連記事  おかずのクッキング・土井善晴先生の素材のレシピ「納豆編」が神回だった件


「はじめの一歩」が読みたくても読めない


気温はさらに冷え込む一方。目まいと寒気に苦しみながら、ずっと寝込んでしまいました。


時たま思い出したようにスマホを取り出してブログは書くことくらいしか出来ない(汗)17日に発売した「はじめの一歩」があるのですが、読もうとしてもなぜか、一文字も見えないのには唖然とさせられてます(汗)小さな文字がまったく見えなくなったのです。スマホの文字はまだ何とか読めるのですが…。画面が光ってるからでしょうか?



「視力」の低下は、おそらく「抗がん剤」の後遺症だと思われます。以前、日差しが目に入ると涙が止まらなくなるのでがんセンターの主治医に相談したことがあります。すると、このような回答が返ってきました。


主治医「それはな。おそらく抗がん剤で角膜や涙腺がやられたんだわ。あまりひどいようなら眼科を紹介するから言ってな。」


ダンピング症状が悪化し、血糖値がおかしくなれば「糖尿病科」。睡眠障害がひどくなれば「内科」。精子がでなくなれば「泌尿器科」。虫歯が多発すれば「歯科」。目が悪くなれば「眼科」を紹介すると言われる。


胃がんの治療を「胃外科」と「腫瘍内科」で行なって来たが、手術後に起こり得ることは、既存の診療科ではまったく対処ができないのです。これにはずっと思い悩まされ続けて来ました。いちいち、色んな所に回されてもあちこち通うのは大変だ。こんな、後々のことが対処出来なくなる「抗がん剤」治療を執行してしまった私は間違っていたのだろうか...。「抗がん剤の後遺症」。今でもこんなジレンマに悩まされ続けているのです。


こんな状況ですから当然、家事もできません。



晩ごはんはインスタントラーメンで誤魔化したのでした(汗)


こんなことじゃあいけない。生きてるうちは何とか頑張ろうと思っているのですが…。体がなかなか言うことをきかないのが現状です。


もう、術後のさまざまな苦しみには慣れっこになってるので、さも普通にこうやってブログを書いておりますが...。客観的にみたら相当に深刻な状況だと思います。


 


 


 





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする