【がん・障害年金】社労士に再び削除された私の後遺症

By




スポンサードリンク


癌の障害年金で社労士に捻じ曲げられる私の後遺症


【がん・障害年金】社労士に再び削除された私の後遺症


具合が悪く、メールが確認できずにいたが、社労士からメールが来ていた。


内容としては、これから癌・障害年金の「額改定請求」で年金事務所に提出するための「病歴・就労状況等申立書」に関して。以前、社労士から送られてきたフォーマットに私が具体的な加筆を行ない、それを確認した社労士から更に訂正をしたものが送られてきたのです。


内容を確認すると、唖然とさせられました。



スポンサードリンク


ちなみに、私が書いた申立書の後遺症はこんな感じ。「血糖値の異常」に関する部分です。


【がん・障害年金】社労士に再び削除された私の後遺症


それが、このように書きかえられてました。


社労士に後遺症の程度が削除されてしまったがん・障害年金の「病歴・就労状況等申立書」


症状の程度について、数値などがすべて削除されてるのです。


この社労士。未だにダンピング症状のことが理解できてないようです。


これでは、症状がどの程度ひどいのかがまったく分からない(汗)この書類を見た年金機構側に当たり前の後遺症が当たり前に起きていると判断され、また審査が見過ごされる可能性が高いのです。


このように、社労士側が癌の後遺症が理解できず、消してはいけない大事な具体的症状を削除してしまうケースは多いのでは?と推測されます。これによって、今までどれだけの人達が障害年金を受給できなかったのだろう…。しかも、その人達はその理由が分からないまま泣き寝入りしているかも知れないのです。考えるとゾッとしてきます(汗)


 関連記事  【癌の障害年金】評判の社労士への不信感・疑惑のきっかけ1


 関連記事  【癌の障害年金】評判の社労士への不信感・疑惑のきっかけ2


今回は譲れないので、このようにソフトな内容でメールを返信しました。


【がん・障害年金】社労士に再び削除された私の後遺症


本心は「激おこ」状態ですけどね!

関連記事