【癌×障害年金】胃がんの後遺症をやっと「数値化」して年金事務所へ再提出することに

By




スポンサードリンク


【癌×障害年金】胃がんの後遺症をやっと「数値化」して年金事務所へ再提出することに


「癌×障害年金」胃がん後遺症の件で社労士から再びメールが


障害年金の「額改定請求」で、年金事務所へ提出する書類の「病歴・就労状況等申立書」。社労士側の認識不足が理由で、胃がんの後遺症についての理解が得られず、準備が停滞してしまっていることは、記事に書いている通りです。


 前回の記事  【癌の障害年金】評判の社労士への不信感・疑惑のきっかけ3


どうしようかと悩んでいたのですが、本日になって再び社労士からメールが送られてきました。



スポンサードリンク


私が当初に書いた「血糖値の数値」が元通りに


さっそくメールを開封し、内容を確認してみました。すると、前回とは180度内容が様変わりしていたのです。


【癌×障害年金】胃がんの後遺症をやっと「数値化」して年金事務所へ再提出することに


やっと理解してもらえたのでしょうか。添付された「病歴・就労状況等申立書」のほうも、懸案となる箇所がこのような内容に修正されていました。


【癌×障害年金】胃がんの後遺症をやっと「数値化」して年金事務所へ再提出することに


当初に私が書いた、胃がんの後遺症「ダンピング症状」について、血糖値によって「数値化」した内容に戻っておりました。


とりあえず、これでOKとするか…。


あとは、主治医から新たな「診断書」を入手するステージへと進みます。

関連記事