「40代でガン」退職して癌を治したまでは良かったけれど...[トピリスト]

By

スポンサードリンク

「40代でガン」退職して癌を治したまでは良かったけれど...[トピリスト]


「40代でガン」をサバイバルする5か条 | 日刊SPA!


厚生労働省の調査によると、なんらかの事情で正社員を辞めた人のほぼ4割が、再就職後は非正規雇用に。私が取材してきた中でも、退職してガンを治したまでは良かったけれど、その後、経済状態が悪化してメンタル的にやられてしまった人がいました


最大80%OFF!AXES「日替わりブランドセール」の目玉商品を教えます!|MEN'S FASHION 100% トピフル


クリスマスまでの期間限定で最大80%OFF!の「日替わりブランドセール」や、「LONGCHAMP LIMIRED SALE」(~12/26 10:00)、ラスト1点の「LAST 1 SALE」など、毎日チェックしたい人気のブランド品が大放出されています。

今回は、「LAST 1 SALE」のラスト1点もので、現在注目の目玉商品をランキング形式にまとめてみました。ご参考にして頂ければ幸いです。


「NHK受信料制度は合憲」最高裁が判決、支払い強制「立法裁量として許容される」 | ORICON NEWS


NHK受信料制度の合憲性などが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は12月6日、双方の上告を棄却し、受信料制度は「憲法に違反しない」との判決を言い渡した。

スポンサードリンク

安室奈美恵の引退ツアーチケットが争奪戦 業界関係者も取れない状況か - ライブドアニュース


来年9月で引退する人気歌姫・安室奈美恵(40)の“見納め”となる5大ドームツアー(来年2~6月)が、とんでもないチケット大争奪戦になっている。先行予約の抽選に応募が殺到、多くのファンにチケットが回り切らない可能性があるばかりか、これまで芸能界の人脈に頼って関係者席を押さえていた“にわかアムラー”業界人や芸能人でさえ、チケット確保が難しい状況だという。


»安室奈美恵ストアをみる


子どものいじめ相談に、江原啓之が伝えた3つのキーワード (TOKYO FM+) - Yahoo!ニュース


お気持ちはわかりますが、3つのワードを覚えて欲しいです。人がつまずく問題となるワード。『一、自己憐憫(じこれんびん)』。自分が可哀想だと、自分自身を憐れんでしまうこと。『二、責任転嫁』。誰かのせい。“あいつが悪いから、私がこうなったんだ”ということ。『三、依存心』。誰かに頼ろうという心。この3つの心があると、必ず人生はつまずくんです。



こぶしファクトリー田口夏実と契約終了へ ハロプロ公式サイトで発表― スポニチ Sponichi Annex 芸能


「突然のご報告となりますが、このたび、こぶしファクトリーのメンバー、田口夏実との専属マネージメント契約を終了したことをお知らせ致します」と発表。「ここ数か月の本人の行動や出来事について、本人及びご両親とも話をしました。そのうえで、こぶしファクトリー、並びにハロー!プロジェクトのメンバーとして自覚と責任を欠くものであったと判断し、途中解約に至りました」と説明した。



Tronsmart 手のひらサイズのBluetoothスピーカーを発売 - ライブドアニュース


同製品は、5Wのスピーカーとサブウーファーを搭載したワイヤレスのサラウンドスピーカー。独自のDSP技術により、部屋のどこに置いてもステレオサウンドを楽しめる。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする