「肺がん治療」で肺をより多く残す - ハイブリッドVATS手術 - 【今日のトピック】

By




スポンサードリンク


より肺を多く残す肺がん治療「ハイブリッドVATS」手術


年々死亡者が増加している「肺がん」ですが、肺がんを発症した患者さんのほとんどが「非喫煙者」という驚きの話しがより肺を多く残す肺がん治療「ハイブリッドVATS」手術│NEWSポストセブンという記事に書かれていました。どうやら、「受動喫煙の副流煙の吸入」が原因のひとつとして考えられるようです。



スポンサードリンク


順天堂大学医学部附属順天堂医院呼吸器外科の鈴木健司主任教授に話を聞いた。

「肺がんは進行度により、I期からIVに分かれ、それぞれAとBがあります。I期とII期は手術による治療が有効ですが、私はIII期Aに対しても開胸手術と胸腔鏡治療を組み合わせたハイブリッドVATS(ビデオ補助胸腔鏡手術)を実施することで、5年生存率の向上に努めています」


この記事によると、「肺がん予防」として非喫煙者も3年に1回のCT検査が推奨される、としていますが、定期検診の重要性を改めて再認識させてくれる話しでした。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply