【胃腸の日】胃の続く不調は「癌の危険信号」かも? - 今日のエッセイ

By




スポンサードリンク


「胃腸の日」にちなんで食事を工夫


【胃腸の日】胃の続く不調は「癌の危険信号」かも? - 今日のエッセイ


胃がんの全摘手術後5年8ヶ月6日目の食事記録。


12月11日は「胃腸の日」だそうです。癌が転移し、短くなった食道と腸がダイレクトに繋がってる私にとっては「腸の日」と呼ぶべきか(汗)


朝の体重46.7kg。

この日も、最近ぶり返し始めた「足の痛み」に悩まされながらのスタートでした…


食パンを6枚切りから8枚切りへ


朝ごはん。



レシピ本で知ってからヘビロテしている、ワンパターンの「ドテマヨ卵トースト」。食後のグッとくる不快感をやわらげるため、食パンの厚さを6枚切りから8枚切りに代えてみました。



スポンサードリンク


居酒屋の味をヘルシーに再現


昼ごはん。



ご飯を炊きつつ、炊飯ジャーでチャーハンを作ることに。

先日買ったこちらの本でたくさん紹介されてる「居酒屋の味」を試してみたくなった。



「胃無し」の私でも負担の少ない、ヘルシーな感じに作ったつもりだけれど。そもそも米の飯は重い(汗)


 関連記事  居酒屋風「納豆キムチ炒飯」を炊飯ジャーで作るヘルシーレシピを考えてみた!


餡かけスープ炒飯


晩ごはん。



作ったチャーハンが消化しやすいように、餡かけスープに入れて煮込んでみた。

片栗粉大さじ2を同量の水で溶いて入れたり、しょうゆや牛乳、鶏がらスープの素、塩こしょう、豆豉辣油で味付けしたりして。

牛乳入れたらほど良い感じに美味しく仕上がったが、チャーハンをお椀3杯分くらい入れたのが失敗。重たくて食後にずいぶん苦しんだ(汗)


胃の「危険信号」を見逃さないことが大切


最近は忘年会シーズンのためか、「胃は正常な状態に修復させることができます」みたいなキャッチフレーズを使ったCMがやたらとテレビを賑わしている。

たしかに、一時的な胃のもたれやムカつきは抑えられるかもしれないけど、このような薬(胃腸薬)を常用するのは本当に危険なことです。

大事な胃の「危険信号」を見過ごしてしまってるかもしれません。私がそうでした。


胃の不快感がもし、がんの初期症状だったら?


薬を飲んでも修復できません。一時的に症状をごまかすだけです。

胃の不調が少しでも続くようなら、私のようになる前に病院で早めに診てもらうのが大切です。


▼人間ドック・検診で気になるあれこれQ&A


»がんの発症リスクを見ていると、自分はいくつか重複しています。それだけ、リスクが高いということですか?


» 全国の「人間ドック・各種検診」を検索する


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする