「運動」はがんの進行を抑えるってウソ・ホント?

By

スポンサードリンク

「運動」はがんの進行を抑えるってウソ・ホント?


「運動はがんの進行を抑える」 ウソ・ホント?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE


ウオーキングなどの適度な運動は、がんの進行を抑える。これはホント? ウソ?


がんとの共生社会を目指す「ネクストリボンプロジェクト」本格始動 - PRTIMES企業リリース - 朝日新聞デジタル&M


株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、公益財団法人日本対がん協会とともに、がんへの意識啓発を目的に定められたワールドキャンサーデー(世界対がんデー)の2月4日(日)に、がんとの共生社会を目指す「ネクストリボンプロジェクト2018」(特別協賛:株式会社ポーラ)を東京都千代田区の丸ビルホールにて開催いたします。


やっぱりピロリ菌の除菌で食道がんは増えた?:日経ビジネスオンライン


ピロリ菌が起こす萎縮性胃炎のせいで低下していた胃酸の分泌量は、正常レベル近くまで戻ってきました。

加えて食生活の欧米化(高脂肪食)や過食によって、胃酸が過剰に分泌されるようになり、逆流性食道炎になる人が急増しています。

逆流性食道炎は様々な症状を引き起こしてQOL(Quality of life 生活の質)を落としてしまいますが、何より問題になるのは、「食道がんのリスクが上がる」という点です。

スポンサードリンク

なぜすい臓がんの治療は難しいのか? 医師の視点(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュース


この記事では、すい臓がんの特徴やその治療の難しさについて、医師の視点から解説します。内容には厳しい話も含まれますので、すい臓がんで治療中の方やそのご家族などで、詳細な情報を知りたくない方は読まないことをお勧めします。


2017年 がん分野薬剤は16申請、23承認(新規承認・適応追加) – がん情報サイト「オンコロ」


特に目を引くのは免疫チェックポイント阻害薬であり、ニボルマブ(オプジーボ)、ペムブロリズマブ(キイトルーダ)、アベルマブ(バベンチオ)および間もなく承認されるであろうアテゾリズマブ(テセントリク)の4剤で8つの適応を取得となる。


夜勤の女性はがんになりやすい、研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


【1月9日 AFP】定期的に夜勤シフトで働く欧州と北米の女性は、日中に勤務する女性と比べてがんにかかるリスクが19%高くなる可能性があるとの研究論文が8日、発表された。

関連記事