胃がんが発覚して「博打的な人生」を後悔、あなたは?

By

スポンサードリンク

まえがき


こんにちは。ブロガーのMです。


今回から「胃がんヒストリー」として、ボクが胃がんを患ってから経験したことや治療のこと、思い悩んだり後悔したこと書きていこうと思います。


なかには、本当なら人には話したくなかったりする事もありますが、このnoteに興味をお持ち頂いた方のために、包み隠さず出来るだけ全ての事を書き記していくつもりです。


また、ボクと同じ「胃がん」を患ってお悩みの方や他のがんで苦しんでいる方、ご家族の方、これからがん治療を始めるにあたって不安な気持ちを抱えてる方の少しでもお役に立てれば幸いです。


ボクが書いたnoteやブログ「ゆうらり Happy Smile」をあわせてお読みになって頂ければ、「がん」に対する心構えや考え方を共感し理解してもらえるのではないかと思います。


そして、ボクを「反面教師」にする事で、がんに打ち克ってもらいたいのです。なぜならボクの場合は、胃がんの発覚が「最悪のパターン」だったからです。


胃がん宣告時にはすでに手遅れの状態でした。発覚したがんは巨大化し、転移もしていたため、通常の治療法では助かる見込みはゼロだったのです。また、仕事のほうも毎日サービス残業で深夜終わり。粗悪な職場環境でした。


さらに、生まれ育ってきた家庭環境も最悪で、身内には過去に重大犯罪を犯した元犯罪者がおります。本来、身内なら困った時は助け合うはずですが、何かをお願いすれば見返りに金品を要求してくる有り様でした。


以上から、ボクは最悪な環境下で、最悪な病状の胃がんを患ったと言えるのです。今こうやって振り返ってみて、こんな状況で良く生き残ったものだ、と自分自身が驚いています。


たぶん、ボク以上に悪い条件が重なったら、まず間違いなく助からないのでは?と思います。ボク自身、助かったのは奇跡としか言えないのですから。


ですから、ボクを「悪い見本」として下さい。その上で、これから「がん」という厄介な病を何とか乗り越えて頂けるものと信じてやみません。


私が胃がんになって後悔した博打的な人生


  • 【目次】
  • ①胃がんの術後5年9ヶ月6日目
  • ②"がん"はまるで「カビ」のよう
  • ③私の「胃がん」の兆候があらわれたとき
  • ④"がん"は人間が学習できない「一生に一度」の病
  • ⑤クリニックであのとき「検査」をしてくれれば...
  • ⑥定期検査を怠るのは「博打的な人生」
  • ⑦量より質の食事
  • ⑧「食欲増進」新たな常備食でひと工夫
  • ⑨2018年初パスタ|"大根の梅肉あえ"活用レシピ

胃がんの術後5年9ヶ月6日目


朝の体重は46.4kgだった。

気がつけば、また46キロ台前半まで痩せて来た(汗)

こうなると悪循環となり、まったく力が入らないのです…。食事の準備すら出来ず、ずっと苦しんでおりました。


昨日までのあいだは、肉メインの弁当を連続して食べ続けておりました。「少しは栄養もとったのかな?」と思った矢先で、期待を裏切るかのようなこの結果。一体、どうなってるんだろう?と頭を悩ませてしまう次第です。


少し前、具合が悪くて雑炊ばかり食べてた時は「栄養ないのにこれだけで大丈夫か?」と危惧したけれど、体重の方は予想に反比例して増量してたっけ...


期待と結果がいつも逆となる胃がん術後のこの体。生きてて本当に憎らしくさえ思えてきます。


"がん"はまるで「カビ」のよう


思い通りに行かないのは、何も「術後」だけではない。胃がん宣告を受ける数年前から、すでに自分で自分の体をコントロールできなくなっていたのでしょう。


まるで、お風呂場で気付かれずに発生する"カビ"のように、自分の体内で増殖し続けた「がん」。その間、自分が「がん」に侵されてることなど気付かずに、無防備な日々を送っていたのです。


私の「胃がん」の兆候があらわれたとき


とある日のランチ。定食屋で、いつも通りの昼食を食べていた。魚がメインの和食だったが、おかずを食べて白飯をかっ込むという動作が突然できなくなった。


この記事は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。


胃がんが発覚して「博打的な人生」を後悔、あなたは?|ゆうらりHappySmile|note

※全文公開。投げ銭スタイルです。 まえがき こんにちは。ブロガーのMです。 今回から「胃がんヒストリー」として、ボクが胃がんを患ってから経験したことや治療のこと、思い悩んだり後悔したこと書きていこうと思います。 なかには、本当なら人には話したくなかったりする事もありますが、このnoteに興味をお持ち頂いた方のために、包み隠さず出来るだけ全ての事を書き記していくつもりです。 また、ボクと同じ「胃がん」を患ってお悩みの方や他のがんで苦しんでいる方、ご家族の方、これからがん治療を始めるにあたって不安な気持ちを抱えてる方の少しでもお役に立てれば幸いです。 ボクが書いたnot


noteでも公開しています。


まだ「胃がん」で苦しんでるの?①|ゆうらりHappySmile|note

2011年に突然、38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告を受けました。10年前には不治の病とされ、通常の治療法では既に手の施しようがない状態でした。窮地に立たされた私がいかにして奇跡を起こしてきたか。執筆当時の日記を交えながら余すことなくつづっていきます。がん患者さん必読の書となれば幸いです。
【本書の内容】
1.胃がんが発覚して「博打的な人生」を後悔、あなたは?
2.「がん治療」は病院選びで異なるブレーキの壊れたダンプカー
3.人生はじめての「がんセンター」に唖然!
4.深刻な病状、がん治療の決め手は主治医の説明
5.審査腹腔鏡手術・前日、がんセンターに入院
6.腹膜播種は?胃がんの審査


1話だけでも購入できますが、マガジンだとお得です♪


まだ「胃がん」で苦しんでるの?① - デジタルマガジン


購読料は、ブログ執筆のための商品購入などになります。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク