短時間運動の【タバタトレーニング】で"がん"や疾患予防が可能に?

By

スポンサードリンク

HIITの一種 タバタトレーニングで前がん細胞減少?


HIITの一種 タバタトレーニングで前がん細胞減少?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE




大腸がんは年々右肩上がりで増え続けている。その原因として多くの専門家が指摘するのは、食生活の欧米化と運動不足だ。「生活習慣の変化によって増えているという意味では生活習慣病の一種。つまり、大腸がんは生活習慣によって予防可能ながんともいえる」



「亡くなる」は「負け」でない がん経験もとに命伝える:朝日新聞デジタル



きっかけはNHKのドキュメンタリーを見たことでした。大分県の養護教諭で乳がん経験などを語る「いのちの授業」に取り組んだ山田泉さん(2008年死去)を取り上げた番組に、心を動かされました。


がん闘病、男性も外見ケアで前向き よりよい社会生活が送れるように | 医療 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE




がん治療の副作用に伴う抜け毛や肌の変色など外見の変化に合わせてより自然に見えるように対応する「アピアランスケア」。近年、注目を集め福井県内でも取り組みが進んでいるが、男性患者の間ではためらいなどから認識が低いようだ。

スポンサードリンク

がんを経験したからわかること。「希少がん」ってなに? | ホウドウキョク


希少がんについては「新規に診断される症例の数が10万人あたり年間6例未満のがん」と定義されています。

つまり5大がんの約20分の1以下ですね。とても「まれ」です。

じゃあ、希少がんの種類ってどれくらいあるんでしょうか。


がんセンター、県も医師確保へ…相次ぐ退職意向で : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


昨年度、同センターが約3万人の患者を受け入れていた放射線治療も現在は新規患者の受け付けを制限しており、治療中の患者にも影響が出る恐れもある。


私の主治医もがんセンターを退職しました。「がんセンター」に何が起きているのでしょうか?


内田春菊ががんを患い、人工肛門になるまでを赤裸々に綴る「がんまんが」 - コミックナタリー


内田春菊の単行本「がんまんが 私たちは大病している」が、本日1月10日に発売された。

同作は2015年に大腸がんの告知を受けた内田が、自身の体験を赤裸々に綴るエッセイ作品。


関連記事