豪・女性がん患者が生前に投稿した「最期の手紙」

By

スポンサードリンク

27歳で亡くなった豪女性がん患者 生前に投稿した「最期の手紙」


27歳で亡くなった豪女性がん患者 生前に投稿した「最期の手紙」 - ライブドアニュース


ホリーさんが最後の力を振り絞って綴ったメッセージは概ね下記の通りだ。

「26歳で自分の死を告知されて受け入れなければならなかった時は、なんだか奇妙な気持ちだったわ。ほとんどの人がそうであるように、死について考えたこともなかった。予期せぬことが起こるまでは、時間は普通に過ぎて行き、またやって来るものだと思っていたから。」


がんには「おまけ」があった 五輪めざすマラソン選手 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル


真っ暗闇の中、すごく遠くに光がさした。復活という道筋が見えた気がしました。「可能性、ゼロじゃないじゃん」と。競技復帰に向けて、気持ちにスイッチが入りました。




がんゲノム:がんセンターが先進医療申請 一部に保険適用 - 毎日新聞


がん患者の遺伝情報を調べ治療につなげるがんゲノム医療に関し、国立がん研究センター中央病院は12日、遺伝子検査法を先進医療に申請した。がんゲノム医療分野では初申請。先進医療に認められれば一部に公的医療保険が使えるようになる。今年度中をめどに承認される見通し。



糖尿病や肥満が「がん」を招く!なぜ糖尿病や肥満はがん発症に影響するのか|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS


2012年に発症したがんの6%が(世界175カ国)、糖尿病や肥満が原因であることが判明。『The Lancet Diabetes & Endocrinology』(2017年11月28日オンライン版)で報告された。


トマトの良い性質が新たに明らかに - Sputnik 日本


イタリアの研究チームが、トマトエキスは胃のがん細胞の成長と増殖を抑える可能性があると発見。この発見は、胃がん治療の新たな方法開発の助けになるかもしれない。


胃がん検査にはバリウムよりも胃カメラを!:日経ビジネスオンライン


限局している早期の胃がんであれば、5年生存率は95.9%と非常に高いことが報告されています(地域がん登録によるがん生存率データより)。しかし進行するほど、生存率は段階的に下がっていってしまいます。


» 病院選びで異なる「がん治療」は「ブレーキの壊れたダンプカー」 - 今日のエッセイ

関連記事