胃がんの審査腹腔鏡手術と全身麻酔の恐怖

By

スポンサードリンク

すがる思いで臨んだ審査腹腔鏡手術


胃がんの審査腹腔鏡手術で全身麻酔を初体験


約1ヶ月前に突然の"胃がん宣告"を受け、ガラリと人生が変わってしまったこの私。"がん"がわかった時には、すでに手遅れでした。


» 前回の記事


発覚した時、私の胃がんはかなり進行してしまっており、どこまで転移しているのかさえわからない状態。今後の治療が行なえる保証すらない窮地に立たされていたのです。


たまたま、ひょんな思いつきでがんセンターのことを知り、かつ主治医臨床試験に出会えたのは、幸運だったのかも知れません。


現在のひどい後遺症が、仮に臨床試験で行なった"抗がん剤治療"のせいだったとしてもです。なぜなら、それをやらなかった場合はそもそも、今頃こうやってブログを書いてる自分が存在すらしていない訳ですから…。


結果的には、生き甲斐すら見出せず、瀕死の状態のまま生き続けているだけの現在。ここまで犠牲を払ってまで""に執着する人生には何の意味があるのか?

まあ、これは飽くまで別問題として…(汗)


とりあえず、生きる希望に望みをつなげる"胃がん治療"を始められるか、ただ死ぬのを待つだけなのかは、"腹膜播種"の有無次第。まさに"すがる思いの審査腹腔鏡手術"だった訳です。


はじめての全身麻酔で死を擬似体験


固い手術台へ横になってから、血圧を測ったような、腕に点滴針を刺したような…。なにぶん、少し前の"血液型"の一件が混乱を招き、「自分の認識と病院が言ってた血液型はどっちが正しいの?もし病院が間違っていて、違う血液型の輸血をされたら...」なんて考えていて。動揺と緊張がピークに達していたせいか、正確には覚えていないのです。


しばらくして、オバさんの麻酔科医が私の口と鼻を覆うように酸素マスクを被せた。


胃がんの審査腹腔鏡手術で全身麻酔を初体験


この記事は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。



noteでも公開しています。


まだ「胃がん」で苦しんでるの?①|ゆうらりHappySmile|note


1話だけでも購入できますが、マガジンだとお得です♪


まだ「胃がん」で苦しんでるの?① - デジタルマガジン


購読料は、ブログ執筆のための商品購入などになります。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク