トピリスト(2018/2/6) 23歳で胃を全摘出。がんで一度拾った命、社会のために

By




スポンサードリンク


トピリスト(2018/2/6) 23歳で胃を全摘出。がんで一度拾った命、社会のために使いたい。



23歳で胃を全摘出。がんで一度拾った命、社会のために使いたい。 - ハフィントンポスト


吉川さんは現在30歳の会社員。23歳のときに胃がんを宣告され、胃を全摘出した。
告知を受けて「死ぬかも」と思った約7年前、手術、リハビリ、再就職を経て「この経験を社会に活かしていきたい」と思うに至った経緯について話を聞いた。


がん経験者が患者の「働く」を応援 起業に至った切実な背景 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)


病気を会社に申告するとやりたい仕事から外される、と生前桜井さんに漏らしていた女性のスケジュール帳は、死後も仕事の予定で埋められていた。1週間後はない、とわかっているのに予定を入れていく。この気持ちって何だろう。社会参加って、仕事って何だろう。シンプルにこう思ったという。


24歳で乳がんを宣告されたキャスター。失意から立ち上がり、ケアセンターを創設するまで | ライフハッカー[日本版]



スポンサードリンク


「人は逆境にあるときこそ、その真価が試される」という言葉があるとはいえ、「あなたはがんです」と宣告されたとき、その後の人生をどれほど強く生きることができるものでしょうか。

24歳という若さで乳がんと診断され、一度は絶望に苦しみながらも、前を向いて力強く歩き出し、ついにはがん患者のためのケアセンターを立ち上げたという女性が、IBMが運用するWebメディアMugendai(無限大)に登場していました。


補助具:「片腕」で外出、諦めない 乳がん患者が開発 - 毎日新聞


石原さんは2014年秋に乳がんが見つかり、手術でがんを摘出した。今も治療を続けているが、悩みの一つが、腕などにむくみが出る「リンパ浮腫」と呼ばれる後遺症だ。左脇から肘にかけ、しびれるような痛みを感じるという。

 そこで、荷物の持ち運びを助ける商品の開発を思い立った。15年春から2年以上の試行錯誤を重ねて商品化した。特許も取得し、昨年12月からインターネットで販売している。がん啓発団体に収益の一部を寄付する予定。


乳がん手術等、傷あとをカバーできる「入浴着」が話題に 実は20年ほどの歴史ある商品 - ねとらぼ


入浴着とは乳がん手術等の傷あとを気にせず入浴ができるように開発された専用のカバーのこと。通常のタオルなどと違い、着用したまま入浴しても衛生面に問題がないよう設計されています。偶然その存在を知ったというTwitterユーザーがツイートを投稿したところ、「知らなかった」「広まってほしい」と、広く拡散されています。



関連記事