「食べても太らない人」が抗がん剤治療中に激太り - 胃ガン臨床試験

ByM

スポンサードリンク

「食べても太らない人」が抗がん剤治療中に激太り - 胃ガン臨床試験


食べても太らない人、水だけで太る人


世の中には、何十年もの間、ずっと体重が一定の人もいれば、水を飲んだだけで太る人もいますね。

胃がんになる前、私の場合は前者のタイプで、"痩せの大食い"と言われるほどよく食べるのに、食べても食べなくても体重はいつも同じでした。


よく、周りの人から「太らなくて羨ましいですね。」とか言われたけれど、いつも同じ偏った食事ばかりだったので、もしかしたら、太らないのはそれが原因だったのかも。健康を考えると、あまり自慢できる体質じゃないのは前回の記事に書いたとおりです。


がんセンター入院中、抗がん剤治療時の病院食献立

抗がん剤治療中に私が食べた病院食の献立術前抗がん剤治療の2クール目を行なうため、2012年1月16日、がんセンターに入院。普通なら、がんにでもならない限り、人生で一度経験するかどうかも分からない"抗がん剤"だけど、この時は突然の"胃がん宣告"を受けてからまだ2ヶ月ちょっと。その間、たび重なる検査に2箇所の転院、審査腹腔鏡手術や2度の入院に加え、深夜までの過重労働を続けてましたから、抗がん剤のことなど調べる時間が...


2クール目の"抗がん剤治療"は、たった6日間の入院生活でしたが、病院食を食べてみて、"栄養バランスを考えた食事の大切さ"を実感しました。それだけでなく、わたしの体に変化も現れ始めたのです。


抗がん剤で入院直後に医師や周りから言われた言葉


入院して間もなくしてから、医師をも含め、周りのいろんな人からよく言われた言葉がありました。

とにかく、今のうちにたくさん食べて10キロ位は太ったほうがいいですよ。


理由はハッキリ教えてくれないけど、その時は自分がよほど痩せて見えるのかなぁ、と思いました。あとから、"手術後"のことを考えた言葉だったことが分かりましたが。


病院食&点滴で劇的に太り始める

スポンサードリンク

自分でとくに意識をしなくても、入院中の私の体にある"変化"が現れました。常に刺してる点滴病院食の効果でしょうか?劇的に太り始めたのです。


入院前はいつも通りで、だいたい55、6キロ。それが、入院時にはMAX60キロ台後半にまで到達したのです。これにはビックリしました。


胃がん宣告前から胃全摘手術後、私の体重遍歴


ちょうど良い機会なので、"3枚の写真"を見比べてみようと思います。


まずはこちらの1枚。


胃がん宣告直前


"胃がん宣告"を受ける直前のものです。美容室に行ったので記念に撮ったのだと思われます。

ずっと一定の体重ですが、仕事疲れや寝不足で頰がいつもこけていました。


続いてこちら。抗がん剤治療2クール目の入院時です。


術前抗がん剤治療2クール時


今までの人生で経験したことのない、70キロに迫る勢い。"人生で一番太った時"の1枚です。


この先、がんで自分が生き続けられるのかがまだ分かってないのに、見た目はブクブク太ってとても健康そう。どこが病気なんだ!?と勘違いされそうで。とても皮肉な話です(汗)


ずっと先を飛ばし、最後の1枚は、"胃の全摘手術後"のもの。ここに来てやっと、前に「10キロ位太れ」と言われた意味が実感できました。


胃がん全摘手術後


この時の体重はギリギリ45キロ。術前の入院中、かすかに69キロまでいった記憶がありますから、何と、最大で24キロ近く一気に痩せたことになりますね(汗)


"食べても太らない人"を継続中


その後は、ここでロックオン。ふたたび、"食べても太らない人"になりました。術後5年10ヶ月経過した現在でも、食べて太らない人は継続中です。


ちなみに、ここまで痩せるとベッドで眠れません。柔らかいマットすら背中が痛くなります。5年近くのあいだ、ベッドより柔らかいソファーの上で寝てきました。


最近、少しだけベッドで眠れるようになりましたが、再び背中が痛み出したので、またソファー生活に戻ってます(汗)


あのとき、10キロと言わずに、もうちょっと太れたらなぁ…


私の場合、もともと体脂肪率の低い体質でしたから、こんなに痩せたのかも知れませんね。あくまで極端な例だと思います。


胃がんになったので、手術後のことを想定しながらなるべく太っておこう、としたときの話しでした。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする