がん再々発の古村比呂さん、抗がん剤の副作用を語る - トピリスト

By



スポンサードリンク

古村比呂/バージン・ボーイ/プラトニック



がん再々発の古村比呂 抗がん剤副作用で吐き気や手足のしびれ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース


古村は2011年に子宮頸(けい)がんを発症。12年3月に手術を受け、一命を取り留めた。完治したかに思われていたが、17年3月にがんが再発し、1カ月の治療で再び治癒したとされていた。しかし、今月4日のイベントで「去年の11月にがんが再々発しました。1月から抗がん剤治療を始めました」と肺とリンパ節にがんが見つかったことを告白。「髪の毛が抜けてきょうはウィッグです」とかつらを着用していることを明かしていた。


自覚症状なしなので発見困難 “糖尿病からの膵臓がん”の脅威|ニフティニュース


「難治がんと言われる膵臓がんですが、見逃せないリスク因子がある。それは、糖尿病です。星野さんも長年、糖尿病に苦しんでいたようで、その影響が少なからずあると思われます。日本で国民病とも言える糖尿病を患っている人は、そもそもがんになりやすく、中でも、膵臓がんになりやすいことが分かっているのです」


血糖値・糖尿病でお悩みの方に「紅菊芋パウダー」無添加・無農薬の自然食品


技術力で生存期間に差 執刀医の腕が見えるがんの症例とは〈AERA〉 (AERA dot.) - Yahoo!ニュース


スポンサードリンク

外科の執刀医はがんと患者にどんな思いを抱きながら向き合っているのか。がん研有明病院・大腸外科部長の上野雅資医師に聞いた。

取るべきものは確実に取り、残すべきものは残す──がん研有明病院(東京都江東区)が目指す理想的な治療だ。基本のようだが、決して簡単なことではない。


Q5 家族ががんにかかった。遺伝しないか心配です――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A | がんと共に生きる。 | 文春オンライン



よく、「うちはがん家系だから」という人がいます。家族や親戚など血縁者にがんが多いと、心配になるのは当然です。しかし、遺伝性のがんの割合は思ったほど大きくなく、全部のがんの5%ほどと言われています。血縁者にがんが多い場合、遺伝的な素因がある可能性はありますが、すべての人ががんを発症するわけではありません。がんには遺伝的な要因だけでなく、環境要因も関係しているからです。


自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック!

KENSA.BIZの郵送検査キット


がん患者の食事 治療のためにも栄養のこと考えて:朝日新聞デジタル


がん患者にとって治療中の食事は大きな悩みのひとつです。手術後の体調変化や治療によって起きる副作用などで、体のだるさや吐き気だけでなく、味覚がかわり、思うように食べられなくなることがあるからです。がんになったときの食事のポイントや注意点について、大阪国際がんセンター緩和ケアセンター長の飯島正平医師(栄養腫瘍科)に聞きました。









関連記事