がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出

By



スポンサードリンク


がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出


術前抗がん剤治療2クール目の追記


前回、胃がんの臨床試験でがんセンターに入院し、術前抗がん剤投与2クール目のはなしを書きましたが、ウッカリ書き忘れたことがありました(汗)


▼前回の記事

【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療2クール目の効果

前回までのあらすじ/胃がん術前抗がん剤投与2クール目前回、前々回と、はなしが横道にそれました。私がおこなってきた胃がん治療のはなしの本題に戻ります。▼前回の記事【がんの家系】粗悪な家庭環境とそれぞれの確執がん患者や家族の悩みと社会保障の不備前回、まえおきのつもりで、がんと家庭環境、人間関係について書きました。▼前回の記事【がんと家庭環境、患者と家族】病気は感情のヒダを繊細にする?胃がん治療、術前抗が...


たいした話題じゃないだけに、今書いておかないと二度と書かないうちに死んでしまっても何なので、備忘録のつもりで今のうちに書いておきます。


がんセンターと築地市場


私が胃がんの治療でお世話になった、がんセンターは築地にありますが、築地といえば築地市場が有名ですよね。当然、まわりは鮮魚を扱った料理店や魚屋などが軒を連ねていて、いつも外国人観光客で賑わっているんです。


そんな築地市場は、がんセンターの目の前。外来もふくめて何度も何度もがんセンターに通っている訳だから、よほどの鮮魚料理通にでもなったのでは?とお思いでしょうね。ところがこの私、食べたのはたったの一度きりでした。


築地市場で食べた、たった一度きりの海鮮丼


スポンサードリンク

術前抗がん剤治療2クール目の退院時に母親、兄と私とで、築地の場外市場で昼食にしようという話しになりました。


がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出


私が食べたのは海鮮丼。味のほうは、実はほとんど印象に残っていないんです。なぜなら、がんセンターの近くにいると、自分はこれから生き続けていけるのかと不安な気持ちが頭の中を支配していて、何だか暗~くなってしまうんです。みんな暗い気持ちになってしまい、食を楽しむ気分ではなくなりました。このとき以降、誰も築地で食べようと言う者はいなくなったのです。


がんセンターで鉄火丼


実は、がんセンターにもレストランがあるのですが、レストランで食事したのもたったの一度きりでした。入院する時は昼の病院食が準備してあるし、退院時や外来時は、終わったら一刻も早く病院を離れたかった…。


たった一度の食事は、これも術前抗がん剤治療の2クール目のとき。入院手続きが遅れてしまい、病院食が片付けられてしまったからでした。


がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出


"鮮魚の街"ということで、鉄火丼を注文。これは美味しかった記憶が残っています。もしがんセンターのレストランに立ち寄る機会があれば、オススメです。2012年1月16日の話しですので、今も同じメニューがあるかは分かりませんが(汗)


炊飯ジャーで『ガーリックライス』を作ってみた


最近、とんとカレーをご無沙汰してたので、昨夜は久方振りに作り置きしました。まだ食べてないですけど(汗)


体調が悪くてずっとお粥ばかりでしたが、たまには普通のご飯でも食べてみようと考えていたら、少し前に食べたガーリックライスのことを思い出しました。あれは美味しかったなぁ。


 関連記事  がんになったらやること【気持ちに折り合いをつける】 - 今日のエッセイ


その時はステーキとの組み合わせだったけど、カレーとも合いそうだなって考えたら自分でどうしても作ってみたくなっちゃいました。


自己流『ガーリックライス』レシピ


材料はこんな感じ。


  • ...2合
  • にんにくチップ...2かけぶん
  • フライドオニオン...大さじ1
  • しょうゆ...大さじ1と1/2
  • バター...10g
  • ...少々


自己流です。こんな時に限って、にんにくはにんにくチップしかなかったので細かく砕いて使いました。



作り方は簡単。①から⑥までの材料と、水を目盛通りに入れたら炊飯器ジャーの普通炊きボタンを押すだけ!

炊き上がったら、上下を返して数分保温したら完成です。


がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出


こんな感じに出来上がりました!さっそく味見を。


むむむ?けっこう美味しいですよ!でも、サービスエリアで食べたのに比べるとにんにくの風味がちょっと弱いか…。かなりにんにくが強烈だったので、相当な量が入ってるんでしょうね(汗)まあ、うちで食べるなら、自分が作ったくらいがちょうどいいかな。


本日も素敵な1日を。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする