名医たちが明かす「私が患者なら受けたくない手術」は? - トピリスト

By



スポンサードリンク

名医たちが明かす「私が患者なら受けたくない手術」は? - トピリスト



名医たちが実名で明かす「私が患者なら受けたくない手術」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)


「私が40代後半の頃、食道がんの手術をした患者さんに『先生だったら、この手術を受けましたか?』と聞かれたことがあります。当時の私は手術こそが最も有効な手段だと思っていたので、自信満々に『もちろん受けますよ』と答えました。

しかし、今はそうは思いません。あまりにも身体への負担が大きすぎるため、その後の患者さんの人生、QOL(生活の質)を大きく損なってしまうからです。特に首から上の手術をすると人相までも変わってしまう」


がん予防に「和食信仰」の落とし穴 食生活気にする人ほど陥りやすい? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)


「○○が、がん予防にいい」と聞けば、飛びつきたくなる気持ちもわかる。だが、そこには誤解も多い。正しい知識こそががんを防ぐというのは、国立がん研究センター社会と健康研究センター・センター長の津金昌一郎氏。


婦人科系疾患やがんが自然治癒したと主張する人たちに、産婦人科医が伝えたいこと - wezzy|ウェジー


スポンサードリンク

体と真剣に向き合えば、病気は消せる! と言わんばかりのエピソードがざっくざく。しかし、物理的な〈疾患〉を自力でコントロールした! と言い切れるものなのでしょうか? そしてそもそも、本当にそんなことができるのか? どんな話を見聞きしても、頭に浮かぶのは疑問ばかり。

そこで、そんな長年のモヤモヤを解消すべく、産婦人科医のタビトラ先生(@tabitora1013)に解説していただくことに!


高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白 借金生活・潰瘍性大腸炎を経験…衝撃の半生が明らかに - モデルプレス



高橋は借金生活や潰瘍性大腸炎を経験、そして「子宮頸がん」を告白。「闇金ウシジマくん」「コウノドリ」「隣の家族は青く見える」など注目のドラマや映画で存在感を発揮する高橋だが、「幸せな未来を生きていきたい」と言う。誰もが望む未来ではあるが、その言葉の裏には、自身が歩んできた「衝撃」の半生があった。


「これ僕も食べられるの!?」 がん患者の夫に料理研究家が挑んだ介護食革命 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)


「そもそも“介護食”という言葉自体、自分で調べて初めて知ったんです。病院は治療が優先で仕方ないのは分かるのですが、もう少し適切なアドバイスをもらえていたら……」

とクリコさん。安全にのみ込めて、かつ見た目にも食欲がわく、おいしい介護食をつくれないか──試行錯誤の末に生まれたのが、ひき肉に山芋や豆腐、お麩(ふ)などを混ぜて成形した「ふわふわシート肉」だ。味と形を保ちつつ、舌と上あごでつぶせるほど軟らかい。初めは棒棒鶏(バンバンジー)にして食卓に出した。



関連記事