【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療3クール目、苦痛な入院生活

By

スポンサードリンク

【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療3クール目、苦痛な入院生活


胃ガンの術前抗がん剤治療3クール目で4度目の入院


胃がん・術前抗がん剤治療3クール目、苦痛な入院生活 - 今日のエッセイ


いよいよ、抗がん剤3クール目に入りました。がんセンターへ入院するのは今回で4度目2012年2月13日のことです。


抗がん剤の3クール目は私にとって、ひとつの"節目"となる治療でした。なぜなら、これ以降の治療スケジュールは白紙。今回の抗がん剤の効果と私の体力状況によって、今後の治療や手術など、人生の方向性が大きく異なってくるからです。


▼前回の記事

【抗がん剤の使用回数】私の胃がん治療は何クールまで可能なの?!

抗がん剤3クール目とその先の不安前回は、築地市場やがんセンターで海鮮料理を食べたはなしを書きました。▼前回の記事がんセンター近くの築地市場で食べた海鮮丼の思い出術前抗がん剤治療2クール目の追記 前回、胃がんの臨床試験でがんセンターに入院し、術前抗がん剤投与2クール目のはなしを書きましたが、ウッカリ書き忘れたことがありました(汗)▼前回の記事【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療2クール目の効果前回までのあら...


退屈でウンザリながんセンターでの入院生活


背水の陣ともいえる、かなり深刻な状況ではあるけれど、当の本人は悩むことよりも、どちらかといえば苦痛な日々を過ごしていました。


【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療3クール目、苦痛な入院生活


さすがに、入院生活も4度目となるとキツイです(汗)ベッドで横になり、点滴を刺してじっとしてる生活は不自由なうえにとても退屈で、もう、ウンザリしてきますよ…。


優しい看護師さんの気遣いに感謝

スポンサードリンク

そんな退屈な私の状況を察知したのか、がんセンターの看護師さんがいろいろと優しく接してくれました。


なぜかSNS友達登録し合ったり、退院後に食事や飲み会の約束をしたり。私のスキンベッドが魅力的だったのでしょうか??実際のところ、退院後はそんな精神状態じゃなくなり、会わずに逃げましたが(汗)


こんな、人生の重要な時期に私はいったい何をやっているのだろう…。


入院した翌日はちょうどバレンタインデーだったので、チョコまで頂きました。


臨床試験の抗がん剤治療中、がんセンターで義理チョコ


ちなみに、バレンタインデーは看護師さん以外にも、お見舞いがてら義理チョコを届けてくれる人がいて、退屈な入院生活の気休めにもなって嬉しかったです。


【胃がん 臨床試験】術前抗がん剤治療3クール目、苦痛な入院生活


苦痛な入院生活でストレスが山積しかけたなか、いろんな人のお気遣いでメンタル面が何とか復調。3クール目の抗がん剤治療を無事に続けられたのは幸運でした。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする