トピリスト(2018/2/19)YouTubeにもあった!?がんのインチキ医療情報

By

スポンサードリンク

トピリスト(2018/2/19)YouTubeにもあった!?がんのインチキ医療情報



YouTubeにもあった!?がんのインチキ医療情報 – がん情報サイト「オンコロ」


YouTubeの場合、レコメンド(おすすめ)として出てくるのは、単なる検索とは違った危うさがあるように感じました。それはユーザー自身が意図していなくても情報が勝手に目に入ってきてしまうからです。

また白衣を着て、「がんはこう治す」と解説していると、今まさに治療法を探している方は信じてしまうのではないでしょうか?正しいことを言ってそうな雰囲気が出ています。

以下の状況が問題であると感じます。
不確かな情報(動画)が
・アップロード出来てしまう
・検索に引っかかってしまう
・おすすめに出てきてしまう


「この病気をどう社会に還元しようかを考える」、“AYA世代のがん”当事者の思い (AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース


がんはいま、日本人の2人に1人はかかる時代と言われている。その中で15歳から30歳代のがんを「Adolescent(思春期) and Young Adult(若年成人)」の頭文字をとって“AYA世代のがん”と呼ぶ。1年間で約100万人ががんを患う中、AYA世代は約2万人と少なく社会の認知度は低いのが現状だ。友人関係や就職、結婚、出産などの人生の節目と重なり、様々な悩みに直面するという特徴がある。『けやき坂アベニュー』(AbemaTV)では、AYA世代のがんについて2人の当事者に話を聞いた。


重粒子線照射でがん治療 大阪のセンター3月開院 切開の必要なく患者の負担少ない治療法 - 産経WEST

スポンサードリンク

財団は「照射自体には痛みや熱さがなく、従来の放射線治療と比べて必要な照射回数や日数も少なくて済む。仕事や日常生活をしながら通院治療ができる」としている。


有賀さつきも?がんと闘ったアラフィフ女性芸能人 | 女子SPA!


女性の死因を年代別に見ていくと、30代後半から80代前半まで1位はがんですが、他の死因に比べてその比率が特に大きくなるのが、実は50代なのです(厚労省 平成27年人口統計より)。

ここ数年のあいだで、50歳前後でがんと診断された女性芸能人はこんなにも。

※「:」より右は病名と診断時の年齢

●坂口良子(女優・享年57歳):大腸がん/40歳

●山田邦子(タレント・57歳):乳がん/46歳

●古村比呂(女優・52歳):子宮頸がん/46歳、子宮頸がん・悪性リンパ腫/47歳、子宮頸がん/51歳、肺がん・悪性リンパ腫/52歳

●北斗晶(元プロレスラー・50歳):乳がん/47歳

●麻木久仁子(タレント・55歳):乳がん/49歳

●アグネス・チャン(歌手・62歳):乳がん/51歳

●川島なお美(女優・享年54歳):胆管がん/52歳

●藤山直美(女優・59歳):乳がん/58歳


「治療中、仕事があってよかった」——柴門ふみ、乳がんを語る #1 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


数々のヒット作品を生み出し、世代を超えて多くのファンを持つ、漫画家でエッセイストの柴門ふみさん。今でこそ笑って話せますが、2010年に乳がんと診断された時は「感情がジェットコースターのように揺れ動いて大変だった」と、当時をふり返ります。死の恐怖と向き合った柴門さんは、どうやってその恐怖をコントロールされたのでしょうか




関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク