【ひじき】は癌リスクを高める!?危険な"無機ヒ素"を取り除く調理法

By

スポンサードリンク

【ひじき】は癌リスクを高める!?危険な



ひじきに不可欠な調理法の工夫 がんにならない食生活#15 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


日本人なら当たり前のように食べている、お馴染みの「ひじき」ですが、ひじきに多く含まれる"無機ヒ素"が発がんリスクを高めるとする調査報告が発表されたようです。


無機ヒ素の摂取量と発がんリスクの関連を見ると、喫煙習慣のある男性で、無機ヒ素を多く摂取したグループは、そうでないグループと比較して、有意差を持って肺がんになる率が高いことが分かりました。喫煙習慣のない男性にはこうした差はありませんでした。


ひじきは、古くから「長生きする食べもの」と言われるだけあって多くの栄養素を含みます。上手にリスクを取り除き、美味しく頂きたいものですね。


そこでお勧めしたいのが、調理法の工夫。とにかく水洗いが大事です。乾燥ひじきは水で戻すことでヒ素の大半を排出することができます。調理の際、十分に水に浸し、さらに水で洗い流すことで、無機ヒ素の摂取量を大幅に下げられるのです。



混迷深めるがんセンター重粒子線治療騒動 女性医師退職が発端 “泥仕合”の背景とは(1/3ページ) - 産経ニュース


県によると、県立がんセンターの放射線治療科に長年勤務していた1人の女性医師が昨夏、退職したことが問題の発端だった。


麻木久仁子、乳がん治療「終わりました」|日テレNEWS24

スポンサードリンク


タレントの麻木久仁子が18日、著書「ゆらいだら、薬膳」の刊行記念イベントを開催。2012年に初期の乳がんと診断された麻木は昨年11月に治療が終了したそうで「すべて終わりました」と報告した。



胃がん後遺症…やせ予防 食生活工夫と運動 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)



東京慈恵医大客員教授の青木照明さんによると、胃を切除した後に体重が減るのは、単に胃が小さくなるからではない。大きな要因は、胃での分泌量が9割以上を占めるホルモン「グレリン」の欠乏だ。

グレリンは、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌や、食欲増進、エネルギーの保存などを、脳を通して促す司令塔。最近の研究で、脳を経由せずに直接、臓器に作用する可能性があることも分かってきた。



胃の切除をした後に気をつけること|胃がん|healthクリック



胃の切除をすることで起こる疾患は、代表的なものであっても知らなければ何の症状なのかわからない人もいるかと思います。胃を切除するということは、体の大きな変化です。胃の切除をした際には、どのようなことに注意するべきかを知識としてあらかじめ知っておくことで不安は少なくなるでしょう。


関連記事