【がん と 食生活】要注意!確実に食道がんリスクを高める「熱い食事」

By

スポンサードリンク

「熱い鍋料理」に食道がんリスク


鍋料理」を始めとして「ラーメン」や「たこ焼き」など、日本の食文化は"熱い飲食物"に慣れ親しんできましたが、熱い食事」は食道がんを引き起こすリスクが高まり、要注意とのことです。


熱い飲食物と食道がん」に関する研究の評価項目で明らかにされた"食道がんになる科学的根拠"とは、一体どのようなものでしょうか。



「熱い鍋料理」に食道がんリスク がんにならない食生活#16 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


「温かい食事」はよくても、「熱い食事」は要注意です。熱い物を熱い状態で食べると、食道がんを引き起こす危険性が高まるからです。

日本では年間約2万3千人が食道がんになり、1万2千人ほどが命を落としています。男女比で見ると、男性が女性の5~6倍も多く、特に40歳代後半から急激に増えています。中高年男性は要注意です。

私たちが行った「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」という取り組みがあります。国内で発表された膨大な数の論文の中から「がん予防」に関連するものを抽出し、エビデンスとしての信頼性や、要因とがんとの関連性を判定基準に沿って評価したものです。

この中に「熱い飲食物と食道がん」に関する評価項目があり、結果は科学的根拠として「ほぼ確実」とジャッジされています。

スポンサードリンク

早期の乳がん大腸がん、10年生存率9割超 早期発見で:朝日新聞デジタル


国立がん研究センターなどの研究班は28日、2001年からの4年間にがんと診断された約5万7千人の10年生存率は55・5%だったと発表した。

早期の乳がんや大腸がんは生存率が9割を超す。

研究班は早期発見のための検診受診の重要さを訴えている。


【ブラックジャックを探せ】腹腔鏡の胃がん手術で高実績 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科教授の持木彫人さん (1/2ページ) - zakzak


基本的には胃がんの腹腔鏡手術は早期がんが対象だ。

しかし、持木医師は、「術前の化学療法でがんが小さくなれば腹腔鏡で対応できることもあるし、必ずしも胃をすべて摘出しなくても再発を防げるレベルまで切除できることもある」と、積極的な姿勢で臨む。


胃がん克服、51歳ランナー 東京マラソンで驚異の快走 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル


土田さんは33歳の時に胃がんが見つかり、胃を4分の3切除する手術を受けた。

術後の経過は順調で社会復帰も果たしたが、胃を切った人特有の食後高血糖による糖尿病のリスクが高まったため、10年前からランニングを始めた。

土田さんは今年の東京を、2時間45分47秒(ネットタイム)で完走。昨年を3秒上回った。

「日本記録が出たレースを走れたのは感慨深い。(日本記録を出した)設楽悠太選手とは自分が31キロ地点ですれ違い元気をもらいました」。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク