松屋メニュー「カレギュウ」持ち帰り!"一晩寝かせた味"を食レポします

By

スポンサードリンク

松屋「カレギュウ」
「カレギュウ」を発売している『松屋の公式サイト


 松屋の公式HP 松屋フーズ | TOPページ


前回、松屋の「ブラウンソースハンバーグ定食」の食レポを書きましたが、前々から気になっていたメニューがありまして。せっかくなので、ついでにお持ち帰りしちゃいました。


気になってたメニューとは、松屋のカレーでした。


実はこの私、今まで松屋のカレーを食べた記憶がない。なぜなら、カレー好きな私はいつもカレーが作り置きしてありまして…。


 前回の記事  松屋メニュー、ブラウンソースハンバーグ定食を持ち帰り!おいしいの?ソースの味は?



松屋のカレー「カレギュウ」持ち帰り


この日も我が家には大量のカレーがあるのだけど、食べようと思ってた松屋の「チーズタッカルビ定食」がすでに販売終了の憂き目にあったものですから、気になっているものは早めに食べておこうと考えたんです。


そこで、ブラウンソースハンバーグ定食と一緒に、未だ食べずにいた松屋のカレーを「カレギュウ」で試食してみることにしました。


松屋「カレギュウ」


松弁ネットで2つを注文。持ち帰ってきました。


私が「カレギュウ」を選んだワケ


ちなみに、松屋のカレーメニューのなかでなぜ私が「カレギュウ」を選んだのか?普通のカレーやハンバーグカレーもあるのだし。


それは、牛丼チェーンがカレーを作るからには、「牛丼屋が出すカレー」としてそれなりの工夫をしているはずで…。


松屋が牛丼と相性よくマッチングする味付けとして自信を持って発売する「カレギュウ」を食べてみるのが特徴をよく理解できると思ったんです。


松屋「カレギュウ」メニュー詳細


ちなみに、松屋の「カレギュウ」は、普通のものと「プレミアム牛肉使用」のもの。メニューが2種類用意されています。


松屋「カレギュウ」
(出典:https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/curry/
cry_ori_gyu_p_170307.html)

カレギュウ(プレミアム牛肉使用)
  • 並盛:590円(税込)
  • 大盛:690円(税込)
  • 店内のお食事に限り、みそ汁サービス!
  • お持ち帰りいただけます

栄養成分
  • 並盛
  • カロリー/934kcal
  • たんぱく質/23.2g
  • 脂質/37.1g
  • 炭水化物/123.5g
  • ナトリウム/2514mg
  • 食塩相当量/6.4g
  • 大盛
  • カロリー/1151kcal
  • たんぱく質/26.8g
  • 脂質/40.2g
  • 炭水化物/165.2g
  • ナトリウム/2813mg
  • 食塩相当量/7.1g

備考

※お持ち帰り弁当にはみそ汁は付きません。ご希望のお客様は別途60円でお求めいただけます。
※商品の価格は全て税込です。
※店舗により、お取り扱いメニュー・価格が異なる場合がございます。
※写真はイメージです。盛り付けは一部異なる場合がございます。
※表示している特定原材料(アレルギー物質)・栄養成分は2018年2月20日現在のものです。
※調理の過程上、アレルギー物質の二次混入をすべて防ぐことはできません。ご理解の上、ご利用をお願いいたします。
※アレルギー物質の感受性は、個人差があります。微量の混入でも発症する可能性があるため最終的な判断は、専門医にご相談のうえご自身の判断でお願いいたします。
※アレルギー情報は商品の原材料情報を元に作成したものです。
※栄養成分値は、一部を除き「五訂増補 日本食品標準成分表」に基づいて計算した数値です。また、数値は商品の配合に基づいた標準値です。
※一つ一つ手作りしているため、実際の商品は数値に誤差が出る場合がありますのでご了承下さい。
※商品の改良・規格変更等に伴い、随時更新されますのでご注意ください。
※成分値が0または微量の場合は、「0」と表示しています。
※メインメニューにはみそ汁の栄養成分も含まれております。


私はプレミアム牛肉使用のカレギュウにしました。

スポンサードリンク

カレギュウの"一晩寝かせた味"は?


買ってきたカレギュウですが、一緒に注文したブラウンソースハンバーグ定食とどちらを先に食べるか迷いました(汗)まさか、一度に食べる訳にもいかないしなぁ…。


そういえば、カレーは一晩寝かせた味がおいしいと良く言われる。松屋のカレギュウもさらにおいしくなるのかな?


そう思った私は、カレギュウの熱が冷めるのを待ってから冷蔵庫に入れ、一晩寝かせてみることにしました。


ちなみに、松屋の弁当って後から温めるのが面倒じゃないの?

松屋の容器のまま電子レンジで加熱できるのかしら?
と不安になりますよね…。


しかし、それは大丈夫なんです!松屋には2種類の盛り付け方があります。


  • 直盛り
  • セパレート


この2つの容器。両方ともそのまま電子レンジでチンすることが出来ちゃうんです!『松屋の公式サイト』でも書かれています。


松屋のお弁当

加熱時間の目安は1分。他の容器に移さず手間もなく、とても便利ですよ!これなら、ついついまとめ買いしたくなりますね。


【食レポ】松屋「カレギュウ」はおいしいの?


翌日。いよいよ松屋の「カレギュウ」を実食です。それぞれに分けられた容器を順番にレンチンしていきました。


まず、ごはんと牛肉を温めてから牛肉をトッピングしたのがこちら。


松屋「カレギュウ」


プレミアム牛めしになりましたね。


松屋「カレギュウ」


次に、こちらのカレーを温めてから上にかけちゃいます。あとは「カレギュウ」を食べるだけ。とお思いでしょうが、私にはさらなる"秘策"がありました。


松屋「カレギュウ」


大好きな松屋のポテト(50円)をトッピング!あとは付属のお新香「福神漬け」を乗せ、「黒胡麻焙煎七味」を2袋かけました。


松屋「カレギュウ」


これが、松屋「カレギュウ」ポテトのせ!いよいよ実食です。牛丼チェーンが作るカレーってどんな味なのか、とても興味津々です。


ちなみに、松屋の系列店とんかつ専門の「松乃家」では何度かカレーを食べてます。松乃家ではウスターソースを隠し味に使ってましたが、本家ではどうなの?という興味もあったんです。


≫『松乃家』に関する記事はこちら


松屋「カレギュウ」


さっそく、カレギュウをひとくち味見。私の直感講評は…


むむむ!?


松屋「カレギュウ」


味付けの第一印象は、「むかし食べたボンカレーの味に似てる」。これといった強い隠し味も感じ取れませんでした。


松屋「カレギュウ」


おそらく、カレーで牛丼の味付けが隠れてしまったり、喧嘩しないように松屋がバランスを考慮して作ったのだな…。商品開発に対する苦心の跡が伺えました。


この「ボンカレー」のようなシンプルな味付けは、昔から日本人に愛され親しまれてきた味。辛さもほどぼどの「中辛」という感じですし、牛丼に合わせるカレーとしては美味しいと感じましたヨ!


しかし、汗が止まらない(汗)それは、「黒胡麻焙煎七味」を2袋かけたせいだと思われます。


濃い味付けが好きな松屋フリークにとっては若干の物足りなさを感じるかも知れない「カレギュウ」。しかし、黒胡麻焙煎七味をかけることで強烈なスパイスカレーに様変わりします!


それにしても、この「黒胡麻焙煎七味」ってのはかなり強烈(汗)2袋はやめた方がいいかも…。


松屋「カレギュウ」


松屋の「カレギュウ」。松屋フリークやカレーマニアにおすすめです。この記事でもし興味が湧きましたら、ぜひ一度ご賞味ください。


≫もっと『松屋』の記事を読む

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク