北斗晶がブログ休止宣言、突然の発表に"乳がん"を心配する声も...

By



スポンサードリンク

北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る Powered by Ameba
突然の休止発表を行なった北斗晶さんの公式ブログ


北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る Powered by Ameba


元女子プロレスラーのタレント 北斗晶さんが公式ブログ「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」で突然の"休止宣言"をされました。


数日ブログを休む事で、かなりご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんが…

体調が悪いなどではありませんので。。。
私も家族も花も梅も元気です。
ありがとうございますm(__)m


ブログの記事はたった数行のみ。「体調が悪いなどでは」と書かれてはいるものの、状況が状況なだけに乳がんのことを心配するファンが後を絶たないようです。ぜひ、近いうちに近況報告をしてもらいたいものです。



北斗晶 突然のブログ休止宣言 心配の声多数寄せられる (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース


北斗はこの日午前6時40分過ぎに「2018 3/3」のタイトルでブログを投稿。「ご心配をおかけして申し訳ございませんが…数日間、ブログをお休みさせていただきます。」と記した。

ブログの文面はこれだけで、ほかに説明はなく、読者からは午後2時の時点で650件のコメントが寄せられている。


スポンサードリンク

有賀さつきさん死因 なぜ父親にも知らされないのか - 東スポWeb


有賀さんの病状や死因は、遺族にさえ伝えられていない。父・洋さん(84=写真)によると、葬儀前後に必要な死亡届の死因などの欄には「何も書いてありません」。届け出作成の際に要る医師による死亡診断書も「手元にはない」ため、2月5日、入院先の病院(東京・港区)を訪ねたが「口外しない」という本人の意思を尊重したいと医師から言われ、「説明も具体的になかった」という。

その約束の証拠は「一紙も何も残っておりません」とのこと。「医師が一方的にそう言ってるだけでは?」と問うと、洋さんは「まぁそうですね」と答えたが「本人もまさか(死ぬとは)と思ってる状態だったと思いますよ」と“予期せぬ死”を繰り返し強調した。


乳がんに負けず、42・195キロに挑む…「早期発見の大切さ知って」 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)


10年前の08年2月17日、乳がんの手術を翌日にひかえた東京都中央区の山野井恵さん(54)は、病室の窓から東京マラソンのランナーたちの姿を見てこう思った。「自分とは住む世界が違う」

左の乳房を4分の1切除する手術は成功し、舞台役者の仕事にも復帰できた。しかし、その後の放射線治療が苦しく、皮膚がただれ、肌着を着るのも痛い。めまいがして食事がのどを通らなくなることもあった。

気持ちが後ろ向きになっている時に友人から誘われたのがホノルルマラソンだ。「ゴールの向こうに新しい自分が待っているはず」との言葉に心が動いた。


乳がんとエピテーゼ 乳房取り戻す選択肢に|視点オピニオン|上毛新聞ニュース


何らかの原因でお体に欠損が生じた場合、今までは「欠損したまま」か「再建手術での修復」でした。エピテーゼという第3の選択肢が増えたことにより、乳房を失った方々でも再建手術より簡単に乳房を取り戻すことができるようになりました。傷痕をカバーし、元の膨らみがよみがえるのです。ですが取り戻すといってももちろん本物ではないのでエピテーゼでは満足できない方もいらっしゃるのは当然のことです。

近年では乳房再建手術を選ぶ患者さんも増えてきました。そんな中、乳房再建ネットワーク「シャロン前橋」代表の篠原敦子氏は「乳房再建手術をしたくても手術にためらう人もいる、再建したくてもできないケースもある。そんな方々に乳房エピテーゼは乳房を取り戻すもう一つの再建と言ってもよいのではないか」と話された時がありました。


≫Amazonで『乳房エピテーゼ』をチェックする

関連記事