がん治療が終わったあと…それでも怖いこの心持ちはどうしたら?

By




スポンサードリンク


がん治療が終わったあと…それでも怖いこの心持ちはどうしたら?



【川村妙慶の人生相談】手術などで見つからなくなったがん…それでも怖いこの心持ちはどうしたら(1/3ページ) - 産経ニュース


手術と抗がん剤治療を終え、検査でがんは見つからなくなりました。今後は定期的に検査を受けます。ただ、転移の可能性を考えるとやっぱり、怖くなります。

ありのままを受け入れて、心穏やかに過ごしていくには、自分の心持ちをどうしたらいいのでしょうか。(和歌山県 60代女性)


日本にはまだ少ない、がん患者のための「家」 | SUUMOジャーナル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


マギーが医者からがんの再発で余命数ヶ月と告げられた時「心は打ちのめされているのに、次の患者のために診察室にとどまることはできませんでした」(マギー・K・ジェンクス著)という言葉をのこしています。

病院の診察時間に制限があるのは、日本でも同じ。待ち時間の長さに対して、自分の診察時間の短さに困惑した人は少なくないでしょう。それが、がん告知の現場であることを想像すると……。



スポンサードリンク


プロダーツプレーヤー:がんから一念奮起 たこ焼き屋に - 毎日新聞


26歳で上京してプロの資格を取得すると、2009年からの5年で年間ツアーランキング10位以内に3回入るなど、一流のプロダーツプレーヤーとして活躍していた。

そんなさなかの10年、子宮頸(けい)がんを発症。3度手術を受けたが、左足に治療による後遺症が残った。ダーツを投じる際に左足に体重が乗り負担がかかるため、年間を通じて全国を飛び回るツアーに参加するのは難しくなった。

「ダーツ一本で生きていく」と心に決めていたこともあり、「勝つために上京したのに。生きている意味なんてない」とふさぎ込んだ。

それでも他の道を模索する中、当時住んでいた街にあったたこ焼き店が閉店した。「ほかの店がつぶれてもさほど意識しなかったが、街の風景の一部だったたこ焼き店が無くなると寂しくなった」


治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)


子宮頸がんを発症する年代のピークは30~40代。妊娠・出産の高齢化もあり、治療後に妊娠を希望する場合は少なくない。

「微小浸潤がん」といって、上皮内よりは進行しているが、広がりが小さく、さらに浅ければ個別に検討し、円錐切除術で子宮を残せることもある。慶応義塾大学病院産婦人科教授の青木大輔医師はこう話す。

「子宮頸がん検診でごく初期のがんや高度の前がん病変が見つかった場合、多くは円錐切除術の条件に当てはまります。検診で早期に見つけるほど、子宮を残せる可能性は高いのです」

関連記事