【血中ビタミンD】低いと、がんリスク上昇が判明 - 国立がん研究センター

By




スポンサードリンク


血中ビタミンD低いと、がんリスク上昇 肝臓がんで顕著



ビタミンD低いとがんリスク上昇 肝がんで顕著:朝日新聞デジタル


血液中のビタミンDの濃度が低いとがんになるリスクが高くなることがわかった。国立がん研究センターのチームが8日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに論文を発表した。ビタミンDはがん細胞の増殖を抑える働きがあるためとみられる。


がんに効果、副作用少なく 「ゲノム医療」4月から始動  :日本経済新聞


がん患者の遺伝子を調べて、患者ごとに最適な治療薬を選択する「がんゲノム医療」が4月から全国で始まる。より効果が高く、副作用が少ないがん治療が実現し、治療の目安になる5年生存率の向上も期待される。



スポンサードリンク


“EXILE一族”・中尾翔太「胃がん」公表で「20代のがんリスク」について考える (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース


秋津医師は「20代のがん罹患率は、『高層ビルの建設現場から鉄骨が落下してケガをする確率』よりも低いと考えてもいいぐらいだと思います」と指摘する。

「例えば小児がんですが、これは先天性や遺伝性の要因が多く、生まれた時から体内に、がん細胞に近いものが存在します。

昔のテレビドラマでは夭折の設定に白血病を使うことがありましたが、現在でも白血病は小児がんの最も多い症例です。

そして小児がんは10歳までに発症することが多い。つまり10歳から39歳までは、人生の中で最もがんリスクが低下する時期と考えて間違いではないのです。

健康な人が非常に多い年齢層で、昔から結婚や出産を経験する人が少なくないのも、医学的には極めて理にかなっています」


がん遺伝子検査で陽性、予防的摘出すべき? - WSJ


がんの家族歴のある患者が、遺伝子検査を受け、予防目的の手術を受けるケースが増えている。乳がんのリスクを抱える女性が乳房の予防切除を受けるのと同様だ。過激な手段に思えるかもしれないが、医師たちは、身体的リスクを排除することで家族の心理的負担を大きく軽減できると指摘する。

乳がんとは違い、胃がんを発見するのに有効なスクリーニング検査はまだ存在しない。「こうした状況では、外科手術が最初に取るべき最も強力な予防手段となる」。こう話すのはニューヨーク市にあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの腫瘍内科医で、臨床遺伝学サービス責任者を務めるケン・オフィット氏だ。


関連記事