【お米 と がんリスク】気をつけたい「カドミウム」の過剰摂取

By

スポンサードリンク

【お米 と がんリスク】気をつけたい「カドミウム」の過剰摂取


お米はがんを予防する?


お米といえば代表的な日本人の主食ですが、我々が日常当たり前のように食べている米飯には、大腸がんを予防する効果があるようです。


しかしその一方で、米飯が大腸がんのリスクを上げる可能性があるとの指摘も。


一体どっちなの!?と思ってしまう話しが「米が含むカドミウムのリスク がんにならない食生活#18 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン」という記事で取り上げられてました。


結論としては、米飯が大腸がんに対して有意的に作用する明確な根拠は何ら存在しないようです。何だよ…と思ってしまいましたが(汗)


しかし、この記事には気になることが書いてあります。それは、お米に多く含まれるカドミウムの存在です。


カドミウムとはイタイイタイ病の原因にもなった毒性のある重金属。狭い国土に多数の鉱山を持つ日本では、土壌にカドミウムが蓄積しやすく、私たちが食料として摂取する動植物にも一定量含まれています。中でも米はその含有率が他の食材より高く、日本人が経口摂取するカドミウム総量の約4割は米によって取り込まれています。


現状の摂取量では、がんになるリスクは少ないようですが、過剰な取り過ぎは肺がんなど何らかのリスクは見られるようです。


よく、白飯が好きで何杯もおかわりする人がいますね。胃がんになる前の私もそうでした。しかし、少ないおかずで白飯を何杯もかっ込むような食べ方には気を付けた方が良さそうですね。


スポンサードリンク

[大島直也さん]がんの母 うつも併発し限界 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)


タレントで元お笑いコンビ「ドロンズ」の大島直也さん(46)は昨年7月、母のいくよさんを81歳で亡くしました。

がんが見つかってから約1年半の間、芸能界の仕事をほとんどせずに介護を続けました。

「親孝行をしたかったが、介護がこんなに大変だと思わなかった」と振り返ります。


「がん死刑囚の移送怠る」「今後は速やかに医療刑務所に」大阪弁護士会が拘置所に勧告 - 産経WEST


弁護士会によると、中山元死刑囚は25年6月に同拘置所で食道がんと診断された。

同拘置所は手術できない状態と判断したが、抗がん剤や放射線による治療の必要性を検討する精密検査を実施せず、同年12月まで、治療可能な大阪医療刑務所に移送しなかった。

弁護士会は「大阪拘置所では抗がん剤や放射線による治療はできないので、早期に医療刑務所に移送すべきだった」と指摘した。


高橋メアリージュン、借金・がん告白本「いろいろ言われるのは覚悟の上」 |最新ニュース|eltha(エルザ)


―借金生活や病気の告白について、心無いことを言う人もいると思いますが…

「こういう本を出すことで、いろいろ言われるのは覚悟の上というか、仕方のないことだと思うんです。たとえネガティブな意見であっても、話題にしてくれる人が多ければ多いほど、たくさんの方にこの本のことを知っていただける。その結果、子宮頸がんの検診を受ける人が増えたり、ひとりでも心が救われたと思ってくださる方がいたのなら、私はそれでいいと思っています」

―この本を通じて一番伝えたいことを、改めて教えてください。

「Difficult? Yes. Impossible? …NO.(それは難しいこと?はい。それは不可能なこと?…いいえ。)、本のタイトルにもなっているんですけど、100人中100人が「それは無理でしょ、難しいでしょ」って思うようなことでも、自分の中に少しでも可能性を感じたり、叶えたいという強い思いがあるなら、決して不可能じゃないと思うんです。私自身、そう信じることで、何度も困難を乗り越えてきたので、皆さんにも、あきらめないでほしいなって思います」


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク