【花粉症】鼻・目のほかに皮膚炎も関係が?知られてない「花粉皮膚炎」 - トピリスト

By

スポンサードリンク

鼻・目の他に皮膚炎も?知られていない花粉症


毎年悩まされる「花粉症」による目のかゆみや鼻水などの鼻炎ですが、この時期に起こるかゆみや湿疹も花粉が関係している可能性があるようです。今回は「花粉皮膚炎」という症状に関して書かれた興味深い記事がありました。


スポンサードリンク

鼻・目だけでなく皮膚炎も知られていない花粉症|医療ニュース ピックアップ|時事メディカル


毎年多くの人が鼻炎や目のかゆみに悩まされる花粉症。

飛散するスギやヒノキなどの花粉に対するアレルギー反応が原因だが、反応を示すのは敏感な目や鼻の粘膜だけではない。

皮膚に花粉が付着することで、顔や首などにかゆみや湿疹が出る「花粉皮膚炎」を起こすこともある。

季節の変わり目に起きる「肌荒れ」と思い放置している患者も少なくないが、適切なケアをすれば確実に症状は改善する。早期に適切な治療が必要だ。


「安倍晋三、昭恵夫妻のせいでなぜ、俺が…」と怒る麻生財務相の後任選びが難航 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)


「安倍政権は今年度の予算が成立した段階で、財務相を交代させる算段で動いているが、肝心の麻生さんは『(森友疑惑は)俺は関係ねえ』と周囲にぶちまけ、『なんで、安倍晋三、昭恵夫妻のせいで俺が責められ、辞めなくちゃいけないのか』とはらわた煮えくりかえるほど怒っているようです。安倍首相も処遇に困っているようです」(官邸関係者)

すでに「ポスト麻生」選びは水面下で始まっており、茂木敏充・経済再生担当相、岸田文雄・政調会長、鈴木俊一・五輪担当相らの名前があがっているという。


【芸能】ジャニーズ事務所 写真、ネット解禁から1カ月半…なぜ公演中の写真は不可なのか/オピニオンD/オピニオンD/デイリースポーツ online


公演中の写真を解禁しない理由を探っていくと、ライブや舞台をまだ見ていないファンに楽しみを残しておきたいという事務所側の思いが感じ取れる。

ダンスや歌の模様に加え、衣装写真の拡散も気に掛けている。ファンにとって楽しみの一つでもある衣装がネットに掲載されれば、目にする機会は増える。

時代の流れを見ながら緩和を進めていく一方、公演中の模様は「温存した方がファンにとって、楽しみが残って良いのでは?」という思いが、さらなる緩和を押しとどめているようだ。


羽生竜王が豊島八段破る 将棋名人戦・挑戦者決定戦へ:朝日新聞デジタル


▼棋譜鑑賞はこちらのアプリが便利。詳しいリアルタイム解説付きで確認できます




佐藤天彦名人(30)への挑戦権を争う第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)のプレーオフ4回戦が18日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生善治竜王(47)が豊島将之八段(27)を破り、挑戦権獲得まであと1勝とした。

稲葉陽(あきら)八段(29)との挑戦者決定戦は21日にある。


“かわいすぎるスポーツキャスター”中川絵美里「満点」初写真集 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」ではスポーツ&エンタメコーナーのキャスターを務めるなど「かわいすぎるスポーツキャスター」として人気。

写真集の自己採点は「満点です!」と声を弾ませた。


  • 中川絵美里
  • なかがわ・えみり
  • 日本のフリーアナウンサー、元チアリーダー。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1995年3月17日 (23歳)


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク