【女性のコーヒー】は結腸がんリスクを抑制できる? - がんセンターが確認

By




スポンサードリンク


【女性のコーヒー】は結腸がんリスクを抑制できる? - がんセンターが確認


女性の飲むコーヒーが、「結腸がん」リスクの低下と関連していることが国立がん研究センターによって発表されました。とても興味深い内容ですね。


元々のきっかけは、コーヒー飲用の「大腸がん」への影響を長期間追跡した国内研究8件32万322人分のデータを解析した結果、がん研によって確認されたとのこと。



コーヒーで大腸がんリスクは抑制できる? がん研、国内の大規模研究8件を解析 : Aging Style(エイジングスタイル)


大腸がん全体のリスクには男女ともに影響が見られなかったものの、大腸の各部位に生じる「結腸がん」「直腸がん」「近位結腸がん」「遠位結腸がん」との関連を分析したところ、女性のみ「1日1杯未満」グループに比べ「1日3杯以上」グループで結腸がんリスクが20%低下していた。

がん研究センターはプレスリリースの中で、前述のコーヒーの作用のほかに、腸の運動を活発にする作用、コーヒーに含まれるポリフェノールやビタミンEやマグネシウム、カリウムなどのミネラルが結腸がんのリスク低下に寄与している可能性が考えられるとしている。


がんにならない献立「一週間分」 がんにならない食生活 #19 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


予防医学の権威である津金昌一郎さんの指導の下、NHK「あさイチ」で活躍中の料理研究家、牧野直子さんに「がんにならない献立」を作っていただきました。 このレシピを参考に、健康な食生活をぜひ実践してください。

一つの目安になるのが「小鉢で5品」という考え方。調理方法に関係なく、一日に野菜を小鉢で5品目食べれば、概ね350グラムを摂ることができる、というものです(表では副菜と汁物を合わせて5品になっています)。

また、野菜は一つの種類に限定してたくさん食べるより、多くの種類を食べる方ががん予防の効果が大きいことが期待できます。その意味でも「小鉢で5品」という考え方は理に適っていると言えるでしょう。



スポンサードリンク


「キングオブDJ」小林克也の新たな挑戦 ――がん克服し25年ぶりの新アルバム発売 - 田中秋夫が語る - BLOGOS


〝キングオブDJ〟と呼ばれ48年にわたりラジオ・TV界の第一線を走り続けている小林克也=愛称〝KORBY(コ―ビ―)〟が3月27日に77歳、喜寿を迎える。それを記念して彼が率いるナンバーワンバンドが25年振りのオリジナルアルバム「鯛~最後の晩餐」を3月21日に発売した。

タイトルは喜寿を迎える「めで鯛」と「おそらくこれが最後(笑)」という想いを込めて名付けたという。

1990年に克也氏から提案されてスタートした番組が「ファンキーフライデー」である。

今でも続くその番組は毎週金曜日の朝9時から夕方6時までの9時間ワイド番組で、聴取率調査では番組スタート以来常にトップに君臨している。

リスナーの中心はドライバー層で、一時は彼等の間で番組特製の「日の丸ステッカー」が大流行した。

しかし、彼は2006年に胃がん、その6年後に前立腺がんを患い番組の継続が危ぶまれたが、見事にそれを克服して現在も元気に放送を続けている。



  • 小林 克也
  • こばやし かつや
  • DJ
  • 小林 克也は、日本のラジオDJ、ナレーター、タレント、俳優。広島県福山市野上町出身。広島大学附属福山高等学校卒業、慶應義塾大学経済学部中退。DJ第一人者。自称「ミスター音楽」。愛称はKORBY。福山ふるさと大使 第1号。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1941年3月27日 (76歳)
  • 生まれ: 広島県 福山市
  • 書籍: うわさのファンキーフライデー、 英語のクスリ


関連記事