【ちびまる子ちゃん問題】フジ笠井アナと自民党赤池氏との間で過熱!

By




スポンサードリンク


映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年


「ちびまる子ちゃん」問題が再びヒートアップしているようです。自民党の赤池誠章参議院議員がアニメ映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のキャッチフレーズ「友達に国境はな~い!」というキャッチフレーズに“難癖”をつけた問題ですが、これに対し映画で声優も務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーが反論しました。詳しくは、こちらの「フジ笠井アナ「ちびまる子」批判の自民赤池氏に反論 - 芸能 : 日刊スポーツ」という記事で紹介されています。


26日放送のフジテレビ系「とくダネ!」はこの問題を取り上げ、中学生たちが赤池氏の発言に反論する街頭インタビューVTRもオンエア。

小倉智昭キャスターは「『友だちに国境はない。おかしいだろ』ってほえた議員よりも、中学2~3年生の子どもたちの方がよーくわかってましたね。

なんでこれがわからないのかね」とチクリと刺し、同映画に警察官役で出演した笠井アナは「赤池さん、本当に見てるんですか? 見てから言ってくださいよ。良い作品なの」と反論した。


最近、いろんなことに圧力や口利きをする政治家が問題となっていますが、本当にくだらないことだと思います。いちいち問題として取り上げるレベルの話しではないし、自身の利権のためにこんなことにまで口を挟んだりして、ちゃんとまともに政治活動が行なえるのでしょうか?まあ、このような政治家を作り上げる責任は実際に投票した我々国民にあるんですよねぇ...。





【森友文書】「身を隠して」財務省指示 野党参院議員と接見の籠池被告説明 首相に「うそ言ったらあかん」(1/2ページ) - 産経WEST


議員によると、籠池被告は昨年2月の国有地売却問題発覚後、財務省職員から身を隠すように指示があったと改めて説明した。

議員が安倍晋三首相に言いたいことを尋ねると「もともと大好きだったが、うそを言ったらあかん」と話した。

昨年7月に大阪地検特捜部に逮捕されて以降、勾留が続いており「国策留置のようなものだ。早く出たい」と訴えたという。


山中慎介が現役引退を正式発表 今後は「しっかり決まっていない」 - ライブドアニュース


プロボクシングで国内歴代2位となる世界王座12度の防衛に成功した元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が26日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、現役引退を正式に発表した。

左腕を突き上げて会見場に登場した山中は「本日をもちましてボクサー山中慎介は引退します」とあいさつし、一礼した。

今後については「しっかり決まっていないが、ゆっくり家族と過ごしながら決めていきたい」とした。



スポンサードリンク


ワンセグ携帯「受信契約は義務」=NHK側が逆転勝訴-東京高裁:時事ドットコム


ワンセグ携帯の受信料が争われた訴訟では、東京高裁の別の裁判長も22日、受信契約の義務があると判断している。

深見裁判長は、受信設備の設置者はNHKと契約しなければならないとする放送法の規定について、施行当時から携帯型ラジオが存在したことなどから「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と指摘した。


矢口真里が元モデルの男性と再婚「未来を共に歩んでいける存在」 - ライブドアニュース


元モーニング娘。でタレントの矢口真里(35)が26日、約4年間交際した元モデルの男性と同日に再婚したことを、自身のブログで発表した。

今月に入り、結婚間近であることをテレビ番組などでたびたび明かしてきた。

一部スポーツ紙では3月中の大安に婚姻届を提出すると報道されていたが、今月最後の大安である同日、めでたくゴールインした。

関連記事