【がん、病院】知らないと損する選び方~えっ?入院日数が10日も違う

By




スポンサードリンク


【がん、病院】知らないと損する選び方~えっ?入院日数が10日も違う


がんの治療」をどの病院で行なうか?とても重要であるとともに、非常に難しいがんの病院選び。がんの部位や種類によって、病院の実績もさまざまに異なってくるようです。特定機能病院のがんセンターや大学病院にするべきか、小さな病院でも実績が優れているところに身を委ねるか...。がんは命にかかわる病気なだけに、セカンドオピニオンも受けつつ慎重に判断したいものですね。




知らないと損する「病院の選び方」えっ、入院日数が10日も違う!?(杉田 玲夢) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)





”全国ランキング”とは、年間の入院患者数の多い順に、弊社でつけた順位です。見てわかる通り、国立がん研究センター中央病院は、胃がんや骨のがんでは日本でトップクラスの患者数ですが、甲状腺がんや肝臓がんでは他にもっと実績のある病院がたくさん存在します。

例えば甲状腺がんの場合、東京・表参道にある伊藤病院という甲状腺専門の病院では、年間1000件以上もの甲状腺がんの手術をしていますので、がんセンターの20倍以上の実績ということになります。

なんとなく、大病院にいけば安心、がんセンターにいけば安心、と思ってしまいがちですが、実際にはそれぞれ得意な領域が違いますので、しっかり病気ごとに選んで受診することが重要です。





子宮がんの慶大生キャバ嬢「人はいつか死ぬ、頑張って生きよう」 - ライブドアニュース


3月21日に放送されたバラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)で、最高月収280万円の慶大生キャバクラ嬢が、実は……と、衝撃の告白をする一幕があった。

元ホストの彼氏と一緒に暮らしているという愛の巣へ帰宅し、仕事で使う客ノートや4月になったら顔を整形するといった話が出る中で、スタッフが病院関係の書類を見かけてたずねると、「私、ガンなんですよ、今。下手したら死ぬからみたいな」と病気を告白した。




スポンサードリンク


ステージ4のがん。そんな私がずっと1人暮らしをする理由 - ハフィントンポスト


そこまでして一人暮らしをしなくてもいいじゃないか。そう考える人もいるかもしれません。たしかに何もかも一度にやめて、実家に戻って療養生活を始めることは、当面は治療に専念できていいかもしれません。しかし、後にデメリットにもなることを知ってほしいです。

誰しもがんが発覚したときは、死の恐怖と向き合うでしょう。しかし現代は、がんですぐ死ぬ時代ではありません。仕事や一人暮らしをやめて、一通りがん治療を終えて、意外と人生が続くことに気づく方もいらっしゃいます。けれど、このタイミングで気づくよりも、できるかぎりがんになる前と同じ生活を継続することを最初から考えてみてほしいです。一度がん患者としての生活を始めてしまうと、そこから元の生活にもどるのはなかなか大変なことなのです。

ステージ4のがん患者としてエンドレス治療をしている私は、病気とともに【自分の人生を生きる】ことの大切さがわかります。がんになる前と同じ生活を続けることは、精神面にも大きなメリットがあります。がんに生活を支配されず、しっかりと自分の生き方を持ってほしいです。


唐沢寿明、12年ぶり医師役!渡部篤郎&及川光博と“がんが寛解”する謎に挑む - モデルプレス


俳優の唐沢寿明が、4月2日(月)20時より3時間にわたり放送される『ドラマ特別企画「がん消滅の罠」』(TBS系)にて、12年ぶりに医師役を演じる。

本作は、第15回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2017年1月に単行本が発売され話題となった、岩木一麻による小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」のドラマ化。

今日の医学の進歩により、がんは共に生きる時代となっており、日常生活を送りながら長期間の延命が可能な病と言われるまでになってきた。

そんながんの「寛解」が操作される時代になったという大胆な物語が展開される。


関連記事