エッ?がんの血液検査って落とし穴だらけなの?がん検査の嘘ホント

By




スポンサードリンク


エッ?がんの血液検査って落とし穴だらけなの?がん検査の嘘ホント


がんの血液検査について、興味深い記事がアップされました。血液がん検査の"有用性"についてです。血液検査で異常が見つかった場合にはCTやMRIなどの画像検査が必要となりますが、それならばそもそも血液検査って必要なの?というもの。しかしながら、画像検査だけとなるとなかなか病院に行けなかったりして検査も怠りがちにもなりかねませんよね(汗)だからといって、血液検査自体の精密度についても疑わしい点があったりして難しい訳ですが...。


私の場合、血液検査のたびに腫瘍マーカーが常に異常値を示しています。腫瘍マーカーがあてになる人とそうでない人がおり、私は後者に入るそうです。体質によっても左右されると主治医が申しておりました。


そんな訳で、がんの早期発見のためには、忙しくてもなるべく定期的に画像検査を行なうことはとても大切なことだと思います。



え?落とし穴だらけ?血液がん検査のホント:日経ビジネスオンライン



おそらく皆さんの中には、「血液や尿でがんを見つけるというニュースがあるけれど、あれは有用なの?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

確かに画像検査は、受けるのが面倒だし、時に苦痛を伴うこともあります。それがもし、血液や尿の検査(以下、血液がん検診)だけでがんの有無が分かるのであれば、体の負担も少なく、時間もかからないので、こんなに便利なことはありません。


あるがまま、がんと歩む 古村比呂さん「心の持ちよう」:朝日新聞デジタル


心の持ちようが大きい
 ――再々発を公表した2月の時は「気持ちの整理がついていない部分がある」とおっしゃっていましたが、その後どうですか。

 開き直ったんですかね。なるようにしかならないと。長いスパンの目標に向けて今、何をするかと考えるより今を楽しむ。その積み重ねで、結果として何かを成し遂げられていたらそれでOKという気持ちです。

 「闘って頑張る」という姿勢は、短期集中ならばなんとかなるけれど、ずっとスイッチオンだと私は疲れちゃうんです。体が硬くなる。いま起こっていることと対峙(たいじ)してうまくやっていこうという方が、体が緩んで調子も良かった。



スポンサードリンク


【体験談】シングルマザーで乳がんステージ4~“今”を生きる~ – がん情報サイト「オンコロ」


「ママのがん治らないの?」

「治らないよ。でも、がんとお手手つないで仲良く生きてくの。」

そんな会話をしました。 根治は難しくても、叶えたい夢はたくさんあります。

子どもたちともっと過ごしたい。

ダンスをもっと深く学びたい。 仕事もバリバリしたい。

がん経験者として、思い描いている活動をしたい。 他にもまだまだたくさん。 ステージ4になってしまったし、再治療でつらい思いもして、これからもずっと薬が必要です。 でも、昔から病気に関わらずいつも思っていることがあります。

私の人生はいつも〈今〉が1番良いんです! 過去より今現在のほうがレベルアップしていて、大器晩成中だと。(笑)

乳がんになったことは決して最高ではないけれど、最悪でもありません。

ステージ2bに続き、ステージ4時代も 〈がん〉から得られることは、たくさん得たい!

そしていつも〈今が1番良い!〉そんな人生にしていきたいです。

子どもたちの成長をしっかりしっかり、見守りながら。。


遺伝性乳がん・卵巣がん 予防策とれる時代に|健康・医療|NIKKEI STYLE


米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のための乳房切除術を受けたという報道は記憶に新しい。

その際にも話題になったが、乳がんの一部には、遺伝が強く関係するものがある。

その中で最も多くの割合を占めるのが「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)」という遺伝性腫瘍によるものだ。

HOBCの人は乳がんや卵巣がんの発症リスクが一般の人よりかなり高いが、がんを発症する前に予防策がとれる時代になりつつある。

まずはHBOCについて知ることから始めよう。

関連記事