"ぷっすま"最終回、19年半の歴史に幕「また近々、お会いしましょう」

By

スポンサードリンク
映画クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック / 稲垣吾郎 / 草なぎ剛 / 香取慎吾

「ぷっすま」最終回で"19年半"の歴史に幕下ろす


草なぎ剛とユースケ・サンタマリアが出演するテレビ朝日の長寿バラエティー番組、「ぷっ」すまの最終回が30日深夜に放送。


1998年10月から19年半にわたって続いた番組がとうとう幕を下ろしました。

スポンサードリンク

最終回のこの日にはなぜか、草なぎ発案による新企画「犬部」が始まるという「ぷっ」すまらしい内容でした。


約1年前に草なぎが飼いはじめたという愛犬のフレンチ・ブルドッグ・くるみ(1歳・メス)が初登場。犬好きタレント達が愛犬とともに集合し、親バカ全開の愛犬自慢を繰り広げる内容で、最終回にして番組史上最もほのぼのとした回になりました。なかなか良かったです。


ユースケが最後に「また何かやるかもしれないですね。19年半も番組をやれたってだけで、ただただ感謝」。「視聴者、ファンの方に心から感謝しています」と、草なぎも挨拶しました。締めのコメントは「また近々、お会いしましょう」でした。


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク