【続報】乳がん発覚の歌手DOUBLE、手術の成功をブログ報告

By

スポンサードリンク
乳がん発覚の歌手DOUBLE、手術の成功をブログ報告

乳がん発覚した歌手DOUBLEのTAKAKOさん、手術の成功を報告


先日、乳がん発覚を公表した歌手のDOUBLEについて取り上げ、『歌手の「DOUBLE」 TAKAKO が乳がんを告白、ブログで公表』という記事を書きましたが、3月29日に自身のアメブロが更新。TAKAKOさんの乳がん手術が無事に成功したことを報告されました。


桜咲く | DOUBLEオフィシャルブログ Powered by Ameba


「私、昨年末に乳がんが発覚し、間もなく手術を迎える事になっています」とブログで報告していたDOUBLEですが、「先日お伝えしました手術が無事に終わりました事をご報告いたします」と手術が成功したことを明かしました。現在はすでに退院し、自宅療養中とのこと。


お医者さま、そして手術の成功をお祈りしてくださったみなさまの愛とパワーに心から感謝いたします!


この投稿には「手術が無事成功し良かったです。心配していたのでご報告ありがとうございます」など、ファンからの祝福のコメントが寄せられている。


スポンサードリンク

ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


「皮膚の下にあり、消化管や肺、泌尿器系に沿ったり、動脈や静脈、筋膜を囲んだりしている層は、従来、結合組織と考えられていたが、実は、体液を満たし、相互に連結し合う区画が、全身にネットワーク化されたものであることがわかった」とし、「これを間質という新たな器官として定義すべき」と世界で初めて提唱した。


データは1年前のCTだった…群馬大病院、診断報告書を誤認 がんの治療遅れ男性死亡(1/2ページ) - 産経ニュース


群馬大病院(前橋市)は30日、呼吸器外科の担当医が1年前に作成されたコンピューター断層撮影(CT)の診断報告書を最新のものと誤認したまま70代の男性患者を診察し、胆管がんの治療が遅れたと発表した。他の医師が診断から8カ月後の昨年3月、誤認した可能性に気付いたが、男性は同10月にがんの進行で死亡した。病院側は担当医を処分しないとしている。


掛け捨てタイプの「がん保険」 がんにならなかったら大損? | マネーポストWEB


「両親ともがんで亡くなっているため、心配になって60歳過ぎてがん保険に加入したが、月々1万円以上の支出は正直きつい。しかも掛け捨てだから、妻からは『がんにならなかったら大損することになる』と真顔で言われています」(72歳男性)

「生涯でがんを発症する割合は2人に1人です。がん保険に入っても入らなくても、がんになった場合の収入をどうやりくりするかは、50歳を過ぎたタイミングで真剣に考えるべきだと思います」


厳選した保険ショップだけを掲載!保険ショップマンモス

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク