【がん保険CMで共感】山下弘子さんの最後の言葉、妻へ夫のメッセージ

By

スポンサードリンク
【がん保険CMで共感】山下弘子さんの最後の言葉、妻へ夫のメッセージ

夫が山下弘子さんのブログを更新、旅立った妻へ「最後のメッセージ」


3月25日、山下弘子さん(25)が肝細胞がんで死去されましたが、夫の前田朋己さんが『今までありがとうございました。 - 今を生きる』と題し、山下さんのブログを更新しました。おそらく、この30日の記事が「最後のメッセージ」となるのではないでしょうか。2月28日に緊急入院してから息をお引き取りになるまでの経緯を説明し、最後に妻である山下さんへのメッセージで結んでいます。


どうか次の人生では、健康に生まれて、素敵な人に出会って、子供を授かって、また、素晴らしい人生を歩んでほしいと思います。

彼女の次の人生もまた、笑顔と光で包まれていることを心から願っています。

スポンサードリンク

山下弘子さんが夫に残した最後の言葉は「愛してるよ」


また、夫の前田朋己さんは3月31日放送のフジテレビ「めざましどようび」に出演。亡くなる前に山下弘子さんが残した最後の言葉を明かしました。


夫の前田朋己さん曰く、「手術をする直前、『とも手術行ってくるね。愛してるからね』っていうのが彼女の最後の言葉だったと思います」。そして、妻である弘子さんの言葉に「愛しているよ。まら会おうね。しばらく寝とくだけやからね」と返したといいます。


2人は昨年6月に結婚されました。番組で前田さんは、挙式当日に「ボクが彼女の前で初めて泣いたのが、試着室の時だと思います」と明かし、「あまりにも彼女のウエディングドレス姿が美しくて。たぶん、着れないんじゃないかなと思っていたと思うので、それが着させてあげて良かった」と当時を振り返りました。


≫もっと『山下弘子さんの記事』を読む

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク