俳優・市村正親、胃がん手術後も現役を続ける理由を語る

By



スポンサードリンク

市村正親/NINAGAWA・マクベス
市村正親/NINAGAWA・マクベス



市村正親、胃がん手術後も現役のワケ セーブ考えず「子どもにエネルギーをみせないと」 | オリコンニュース | IWATE NIPPO 岩手日報


俳優の市村正親(69)、鹿賀丈史(67)らが3日、都内で行われたミュージカル『生きる』の製作発表会見に出席。2014年8月に胃がん手術を行った市村だが、現在も演劇界の第一線に立っている。この日の会見でも「ますます忙しいんですよ」と豪快に笑った。

市村自身、役柄と重なる部分が多い。「早期発見ということもありまして、こんなに元気に生きている。そういう俳優にこの役が来たことは、役者の神様の采配なのかな」とほほ笑みながら「胃がんになってもこんなに生きている。その証拠をみせているので、このミュージカルは、絶対に当たると思う」と、舞台の成功を誓った。


名医が自ら受けて胃がん発見したABC検診 費用は500円 | マネーポストWEB


「血液検査だけで簡単に分かるから受けてください、という妻の言葉がなければ、今頃は死んでしまって、この取材を受けることもなかったと思います」

こう語るのは、熱帯医学などが専門の群馬大学・元学長の鈴木守医師。自らの研究に加え、公的な役職を歴任する多忙な日々のため、年1回のがん検診すら受けられずにいた。そんな様子を見かねて、2011年に同じく医師でもある妻が強く勧めたのが『ABC検診(胃がんリスク層別化検査)』だった。

胃がんの主原因であるピロリ菌の感染有無と、胃粘膜の萎縮度を組み合わせ、リスクを4段階のグループに判定するもので、僅かな血液だけで検査が可能だ。費用も500円(※群馬県高崎市の場合)で済む。


スポンサードリンク

退職扱い無効と判断 がん治療後の復職で 名古屋地裁|Web限定ニュース|労働新聞社

胃がんによる休職からの復職が認められず退職させられたとして、名港陸運㈱(愛知県知多市)の労働者が訴えた裁判で、名古屋地方裁判所は、休職事由が消滅しているとして、同労働者の訴えを認めた。


身体の表面から胃がんの塊が……それでも最期まで “わが家” で過ごした男性のお話 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

ご家族の希望で本当の病名は伏せられたまま、自宅療養をはじめた方がいました。やがて真実を知ることになりましたが、勇敢にも最期まで自宅にいることを決心しました。そんな患者さんのお話です。


関連記事