処方薬、『有名がん治療薬』も4月から軒並み値下がり

By



スポンサードリンク

処方薬、有名がん治療薬も4月から軒並み値下がり



4月から処方薬が軒並み値下がり 有名がん治療薬や認知症薬も | マネーポストWEB

4月1日より薬価基準が改定され、処方薬がこれまでより1~2割安くなっているのをご存じだろうか。

たとえば、森喜朗元首相の命を救った夢のがん治療薬「オプジーボ」は、約36万5000円(100mg当たり、以下同)だったのが、今回の改定で24%下がって約28万円。2014年に保険適用されたときは約73万円だったので、今回の改定で6割以上も下がったことになる。

薬の値段は通常2年ごとに次第に安くなっていく仕組みだが、今回、263品目の薬が一斉に安くなった。なぜこのような改定がされたかというと、製薬会社の利益を保護するための「新薬創出加算」という制度が見直されたからだ。



ドラマ『がん消滅の罠』女医が見た診断書の怖さとドラッグラグのトラウマ|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

4月2日に放送されたスペシャルドラマ『がん消滅の罠~完全寛解の謎~』を見ました。医療ドラマといってもかなりのミステリーなこの作品。唐沢寿明、渡部篤郎、及川光博らそうそうたる俳優陣で期待値が高まりましたね。

私も診断書作成時には常に、書類に違法性はないか、嘘偽りがないか…、ということは気にかけています。職場に出す診断書作成時に「この仕事はできないと書いてください」などと言われることもありますし、事故の診断書は、時に記載の段になると、受傷機転の訴えが変わってくる方がいるのも事実です。お金がかかわってくる書類ですので、カルテにのっとって、事実に基づく記載だけを行います。


スポンサードリンク

脂肪肉腫はどんな病気? 亡くなった日高晤郎さんが罹患した「がん」の一種(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

国立がん研究センター「希少がんセンター」によると、筋肉や腱、脂肪、関節など『軟部組織』と呼ばれるところから発生したがんは、『軟部肉腫』と呼ばれている。


がん保険の落とし穴 年齢によって特約が「消えている」ケースに注意(マネーポストWEB) がんに罹れば手術代や長期の入院費用、あ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

「がん治療に関する特約は60歳や65歳で打ち切りになっているプランが少なくありませんが、加入者がそのことを忘れていたり、把握していなかったりするケースが多い。その場合はがんに罹っても保障が得られないので、契約内容をきちんと確認してください」

厳選した保険ショップだけを掲載!保険ショップマンモス

関連記事