乳がんリスクを下げるために日常生活で気をつけたい5つのこと

By

スポンサードリンク

乳がんリスクを下げるために日常生活で気をつけたい5つのこと

乳がんリスクを下げるために気をつけたいこと [The New York Times] | MYLOHAS

乳がんは、非常に多くの女性がかかる病気です。米国人女性では8人に1人が、生涯のどこかで乳がんにかかるといいます。アメリカがん協会は、米国で今年新たに25万2,710人が浸潤性乳がんと診断され、4万610人の女性が亡くなると予測しています。

定期検診は乳がんの早期発見に最も有効だとされていますが、乳がんリスクを下げるために女性が自分でできること、乳がんを遠ざける普段の生活習慣は意外と知られていません。そうした生活習慣は、心臓病や肥満による致命的な病気の予防にもまた有効だといいます。

5種類のがん検診、無料で 大阪・堺市が2年限定:朝日新聞デジタル

大阪府堺市は今月から、5種類のがん検診の自己負担金を無料化した。府内では高槻市や八尾市など6市町が実施済みで、政令指定都市では初めてという。2020年春まで2年間続ける。同市のがん検診受診率は全国的にも低く、無料化で大幅な向上をめざす。

スポンサードリンク

くらしとつなぐ:がんを正しく知るには=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵 - 毎日新聞

当時はがん治療の情報の質と量ともに担保されたインターネットのサイトは皆無に等しく、私たち相談員もがんに関するガイドラインや、学会が出版している書籍を片手に解説する日々でした。

 こうした患者や家族の声を受け、2006年に国立がん研究センターが「がん情報サービス」(https://ganjoho.jp/public/index.html)を開設。がん関連の用語や治療の解説、生活する上での工夫を紹介するなど、最新で幅広い情報がインターネットから入手できるようになり、同じ情報が冊子として全国がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターでも手に入れられるようになった経緯があります。

小島よしお 大腸がんの危険性…3ミリの腫瘍性ポリープ発見、10ミリだと…(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

お笑いタレントの小島よしお(37)が5日、テレビ東京系「主治医が見つかる診療所 芸能人人間ドックSP」に出演し、医師から大腸がんを発症する危険性があると指摘された。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク