【肺がん】名医が受けたい治療法、術式、早期発見や女性の喫煙率など

By




スポンサードリンク


【肺がん】名医が受けたい治療法、術式、早期発見や女性の喫煙率など

「治すことが難しい。」肺がんには、誰もがそのようなイメージがあるかもしれません。さらに、肺がんは早期発見が難しいと耳にもします。

実際、肺がんの見つかった患者さんが手術できる割合は4割程度で、もっとも死亡者数が多いことでも知られています。

しかし現在ではCTコンピューター断層撮影)検診の普及も進展し、ごく早期の小さながんや「すりガラス状結節」の発見も増えているようです。

現場医療の進化に比べ、我々の「肺がん」に対する認識は今いち薄いままのような気がします。

そんな中、「名医が受けたい」をテーマにしたがん治療の特集の『名医が受けたいがん治療(5) 肺がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン』という記事で、肺がんについて詳しく説明されています。



スポンサードリンク


この記事では、興味深いポイントが数ヶ所ありました。

まず、「すりガラス状結節」という病変のこと。CT技術の向上とともに見つかり始めたものとされますが、病状によっては「がんの一歩手前」である場合があるようです。

次は、今回の記事で取材に応じた名医達が肺がんになった場合におこなう手術について。まず第一に、がんをしっかり取り切ることを最優先して術式を選ぶことがわかりました。

最後には喫煙の肺がんリスクについても触れられています。喫煙者が全体的に減少しているなか、「やせるから」という理由でタバコを吸う若い女性が多く、女性の喫煙率が未だ減っていないことが取り上げられてました。


タバコが肺がんリスクを高めることは明らかとなっています。ボロボロなことが多い喫煙者の肺は治療をさらに困難なものにしてしまうことは肝に銘じておきたいところですね。

  • ■理想の治療のための5つのポイント
  • (1)タバコはやめること。肺がんリスクが上がるだけでなく、治療も困難な場合が多い
  • (2)CT検診で見つかる「すりガラス状結節」はあわてず、経過観察するか手術をするか専門医と相談を
  • (3)手術はキズの大きさにこだわるよりも、安全にしっかり取り切ることを第一に
  • (4)小さいうちに見つけることができた場合は、肺機能を残せる縮小手術(区域切除など)を検討する
  • (5)手術できない場合や進行・再発がんは、遺伝子変異の検査ができる病院で分子標的薬を検討する
引用:(3ページ目)名医が受けたいがん治療(5) 肺がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

≫もっと『タバコ 喫煙 の記事』を読む

関連記事