早く気づいて!胃がんの初期症状(がんニュース 2018/5/6 14:30)

By



スポンサードリンク

胃がんの症状

胃がんの初期症状・がんの進行 [胃がん] All About

胃がんの初期症状として気をつけて頂きたいことは、以下の2つです。

1. みぞおちの不快感や痛み
胃もたれ、むかつき、膨満感といったみぞおちの不快感、そして、しくしく、きりきり、ずーんといった痛みが長引く場合には、要注意です。

もちろん、これらの症状は、胃酸過多による胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも見られる症状で、市販の胃薬でも改善するケースも少なくありません。しかし、薬を飲まないと必ず痛む、食欲不振が長く続く、症状が以前より悪化している、といった時には、是非、内科の先生にご相談下さい。

2. 真っ黒なタール便が出る
トイレでタールのような真っ黒な便が出たときには、自覚症状が全くない時でも、必ず、内科の先生に速やかにご相談下さい。もちろん、イカスミなどの食物や鉄剤などの薬の影響で黒い便が出ることはありますが、黒い便が続くような時には、放置は禁物です。

この黒い色のもとは、血液のヘモグロビン中に含まれる鉄分が酸化したものです。主には、胃や十二指腸といった上部消化管の出血によって見られる症状です。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの可能性もありますが、胃がんも念頭に置かなくてはなりません。

乳がんの再発を防ぐための7つのライフスタイル | MYLOHAS

乳がんの再発についての研究には多くの研究者が時間を費やし、資金も注ぎ込まれてきましたが、いつ、そしてなぜ、乳がんが再発するのかはいまだに推測の域を出ない部分が多く存在しています。

とはいえ、乳がんの再発については徐々にわかってきてもいます。最初にがんができた場所を治療するときに、いわゆる「シードセル(種子細胞)」が胸からほかの場所に移動することがあります。そのシードセルが行きついたところで、何年も休眠する場合があるのですが、新たながんを引き起こすことがあります。

再発の基礎的なメカニズムは専門家が解明しているところですが、再発を防ぐためのライフスタイルとはどういうものか、リスクを下げるものは何で、下げないものは何か、ふるいにかける研究が始まっています。

「女性が耳にすることのなかには、有益と考えられているものでも、実は不必要なことも紛れています」と、トロント大学の医学部内科教授でサニーブルック研究所の所属科学者であるエレン・ワーナー医師は言います。


スポンサードリンク

「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

編集担当 ネットの一部では、「死ぬ間際の人が『愛してる』なんてドラマのように言えるはずがない。こんなのは作り話だ」とまで言われて、心ない反応もありました……。

長尾 そう。ある医師限定の医療サイトでも、ほとんどの医師が「作り話だ」と言って、僕が「作り話じゃない」と書いたら炎上したんです。別に炎上するのは構わないんですが、みんな平穏死を見たことないから、知らないだけなんです。僕は麻央さんと同じような人を在宅で実際に見ている。小さな子供がいる30代の乳がんの女性を看取った経験も2例ありますが、死の直前まで訪問看護師や僕と話していました。ですから僕は事実だと思っています。多くの人が亡くなる直前までしゃべってますよ。そういうことを知らない。多くの医師や看護師は自然死、平穏死をまだ一度も見たことがないんです。

今こそ、がん患者と家族に読んでほしい必読の書 10冊(文春オンライン) - Yahoo!ニュース


わたしは40年にわたり医療記事を執筆してきた。なかでもがんについては書く機会が多く、たとえば近著 『民間療法のウソとホント』 (文春新書)では、手を出してはいけない「がんの民間療法」の見分け方を紹介した。それ以外にも、健康雑誌の編集、医療健康関係の単行本の制作、テレビの医療番組の制作など、長年、医療・健康情報にかかわってきた。そのため、がん患者や家族からよく相談を持ちかけられる。

 取材の経験から、病気になっても、医者まかせではなく自分が治療の主役になって病気に立ち向かうことが大切だとわたしは思っている。

 そこで、初めてがんといわれたとき、あるいは再発したとき、また、末期がんといわれたとき、いつでも力になってくれる本を紹介したい。がん関連の本は数多く出版されているが、患者だけでなく、家族も勇気がわいてくる10冊を選んだ。

最後に、記事で取り上げられていた書籍をまとめてみました。リンクを張っておきましたので、ぜひご参考になさって下さい。

【楽天Kobo電子書籍ストア】


関連記事