ジャンプ「将棋マンガ」新連載 プロ目指す少年が天才女性棋士と出会う

By




スポンサードリンク


モミジの棋節 ジャンプコミックス / 里庄真芳
モミジの棋節 ジャンプコミックス / 里庄真芳


新連載の「将棋マンガ」週間少年ジャンプで始動

本日(5/14)発売された週刊少年ジャンプ24号(集英社)で、里庄真芳さんによる将棋マンガの新連載『紅葉の棋節』がスタートしました。

『紅葉の棋節』は、天才と謳われつつも夭逝した、将棋棋士を兄に持つ中学生"蔵道紅葉"を描く「青春将棋マンガ」です。

才能開花させられない少年が天才女性棋士と出会う

兄の影を追いプロ棋士を目指した紅葉ですが、なかなか才能を開花させることが出来ず。また、プロ棋士の養成機関である"奨励会"の受験資格も得られずにいました。

そんななか、"史上初の天才女性棋士"として快進撃を続ける16歳の"市原銀杏"が紅葉を弟子にしたいと彼の家を訪れます。



スポンサードリンク


まあ、プロ棋士であれば16歳でも弟子をとることは可能ですが、この辺は実際の将棋界とは少し現実離れしてますかね…。内弟子にする訳じゃないからいいのか。

内弟子から恋に発展する"禁断の恋"的なストーリーもアリなのかな?とか思っちゃいますが、こんなこと書いたら将棋連盟に怒られちゃいますね(汗)

なお、里庄さんは過去にも、少年ジャンプGIGA(集英社)にて同様の設定による将棋マンガ「モミジの棋節」を連載し、単行本も刊行されてます。

関連記事