がん患者の半数が民間療法を利用している現実(癌ニュース 2018/5/15 8:00)

By




スポンサードリンク


民間療法



がん患者の半数が民間療法を利用しているという現実──実際に体験してみて | 文春オンライン

国立がん研究センターが運営するサイト「がん情報サービス」にも、はっきりとこう書かれています。

「補完代替療法には、治療効果、つまりがんの進行を遅らせる、生存率を高める効果が証明され、治療法として勧められているものは現段階では1つもありません。従って、効果が期待できる治療法として見なされていません。同じく、吐き気やだるさなど、がんに伴う症状を和らげるための代替療法についても、治療法として勧められると判定されているものは、1つもありません」(ちなみにこのサイトは、標準的ながんの知識を得るのに日本で一番信用できるサイトです。もし「がんのことを調べたい」と思ったときには、最初にこのサイトを読んでみることをお勧めします)

 したがって、「科学的」に見れば、「民間療法はやらないほうがいい」と断言できるでしょう。民間療法のなかには根拠がないのに「効果がある」と宣伝し、ワラにもすがる思いでいる患者や家族から、高いお金をむしり取ろうとしているとしか思えないものもあります。

抗悪性腫瘍剤「ロンサーフⓇ」 切除不能胃がん患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験で全生存期間を有意に延長|共同通信PRワイヤー|FM FUKUOKA

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之)とセルヴィエ社(本社:フランス・シュレーヌ、代表取締役社長:オリヴィエ・ローロ)は、既治療の切除不能胃がん患者において「ロンサーフⓇ配合錠T15・T20」* (以下「本剤」) とプラセボを比較した第Ⅲ相臨床試験 (TAGS 試験)で、主要評価項目である全生存期間(Overall Survival:OS)を有意に延長する結果が得られたことをお知らせします。

本試験の結果は今後、学術集会や学術雑誌での公表を予定しています。

大鵬薬品は、今後、切除不能胃がんでの早期申請を目指し準備を進めてまいります。

*ロンサーフⓇ配合錠T15・T20
一般名 : トリフルリジン・チピラシル塩酸塩
開発コード : TAS-102

痛くない!乳がん検査…微弱電波で立体画像、来年度中に治験目指す : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

微弱な電波を出す発信器で乳房を数回なでるだけで、乳がんを高い精度で発見できる新たな画像検査法を、神戸大などが開発した。

 乳がん検診で使われるマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)のような痛みはなく、鮮明な立体画像が得られるという。来年度中に臨床試験(治験)を始め、検診での普及を目指す。



スポンサードリンク


世代超え、ホンネ交流 83歳・溝井さんのツイッター人気:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)

ツイッターを始めたのは、友達が企画したイベントを周知しようとしたのがきっかけ。大学の理学部を卒業し、機械類に抵抗感はなかった。六十代からパソコンも使っていた。しかし、端末を操作できても、多くの人が投稿を見てくれるわけではない。最初のころは何の反応もなかった。

 変化が表れたのは、始めて三カ月したころ。「ツイッターを使う若い世代に向けて、発信できることは何だろう」と考えてからだ。若い世代の人たちに、自分が伝えなくてはならないことを考えると、それは戦争のことだった。

 十歳のころ、埼玉県内の自宅の庭で戦闘機から狙い撃ちされる「機銃掃射」にあった。難を逃れたが、知り合いの中には家族を失った人もいた。その体験を投稿していくと、フォロワーは五千人ほどに増えた。

 二〇一五年七月には、胃がんで夫が亡くなった。二人の息子は離れて暮らしており一人暮らしに。「もちろん悲しいけれど、一人の自由な時間ができたと思うようにした」。ツイッターは息子の家族も見ており、自分が元気でいることの証しにもなる。

『オーバーウォッチ』乳がん募金で、金髪ツインテールなマーシー新スキンが期間限定でもらえるキャンペーン実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

Blizzard Entertainmentは、『オーバーウォッチ(Overwatch)』にて、乳がん募金でマーシーの新レジェンダリースキンが手に入る期間限定キャンペーンを実施しています。

これは乳がんの研究機関、“乳がん研究基金”(BCRF)への支援のために、25万ドル以上の総寄付額規模で行われるもの。スキンの購入代金は全て同団体へと寄付される他、キャンペーン終了後はBlizzardにより具体的な寄付金の総額も開示されるとのことです。

関連記事