乳がんの元SKE 矢方美紀 化学療法で吐き気、つらい心境を訴える

By




スポンサードリンク


矢方美紀オフィシャルブログ Powered by Ameba
出典:矢方美紀オフィシャルブログ Powered by Ameba

乳がんで左乳房の全摘出手術を受けたことを公表した元SKE48 矢方美紀さんが13日、自身のブログを更新しました。矢方さんはブログの中で、「化学療法」が開始したことを告白。10分おきに起こる『吐き気』の辛さを訴えました(この記事を作成時には、なぜか矢方さんのブログ記事が消えています)。



スポンサードリンク


乳がん公表 元SKE・矢方「化学療法」を開始 吐き気の辛さを訴える

化学療法に臨んだときの心境について、矢方さんは「副作用なんかに負けないぞー!」と綴りました。

最初の化学療法による点滴では、2時間後に副作用を体験。「なんだか気持ち悪い、、。なんだ、、この吐き気は?!」と、症状について触れています。

続けて、矢方さんは「それから夜中まで、吐き気が10分置きに来るため、寝たくてもなんとかしなくてわ!脱水症になるから水分取らなきゃ」と、自身に襲ってくる断続的な副作用について、その辛さを報告しました。

現在、吐き気の方は乗り越えたそうですが、「今日までまだだるさと頭痛などがあります」と、様々な副作用が続いていることで、本調子ではない様子です。

しかし矢方さんは「まだまだこれから治療は続くので、早く良くなって行きたいばかりです。本当に健康って素敵です」と、前向きな姿勢で体調の回復を願っていました。


≫もっと『矢方美紀さんの記事』を読む

関連記事