乳がん「予防手術」が条件付きで「強く推奨」に治療ガイドライン改訂

By




スポンサードリンク


乳がん シンボルマーク


乳がんの「予防手術」条件付きで「強く推奨」に治療ガイドライン改訂

女性の癌として、最も多いのは「乳がん」です。このたび、乳がんの治療法について、学会のガイドラインが改訂されたようです。

その内容としては、「遺伝子の変異」によって再び乳がんになるリスクが高い患者さんは、カウンセリングの体制が整っていることなどを条件に、癌になっていないほうの乳房も切除して予防することを「強く推奨する」ことになったといいます。

この「ガイドライン」は16日に公開されることになっており、『乳がん予防の手術』が今後、増えるきっかけになるとみられています。



スポンサードリンク


日本乳癌学会の診療ガイドラインは、乳がんについての標準的な治療法をまとめたもの。これまで、乳がんを予防する手術に関しては「検討してもよい」にとどまり、「推奨」とまではされてきませんでした。

学会は、このガイドラインを3年振りに改訂。片方の乳房に癌が見つかった「BRCA」と呼ばれる遺伝子変異がある患者さんについては、再び乳がんになるリスクが高いとされます。

また、同じ遺伝子の変異があるものの、癌が見つかっていない人に対しては、予防する手術に関しては「弱く推奨する」としています。

乳がんを予防する手術はアメリカの場合、遺伝子の変異がわかった女性のおよそ50%が受けているといいます。

5年前には、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが予防のために両方の乳房を切除したことが話題となりました。

 ベストセラー1位  - カテゴリ がん・腫瘍

▼2018/5/22発売予定

関連記事