がん患者が「本当に読みたい記事」って?(癌ニュース 2018/5/22 8:00)

By

スポンサードリンク

がん患者が「本当に読みたい記事」って?(癌ニュース 2018/5/22 8:00)



がん患者が「本当に読みたい記事」ってなんだろう?――「がん100人委員会」編集会議 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

今の時代って、情報的には恵まれていると思います。でも、治療法や治療経過の情報はあっても、副作用のマイナス情報みたいなのは、ないんですよね。僕の場合、薬を飲み始めてすぐひどい筋肉痛みたいになって、足がまったく動かない状態が1か月くらい続いたことがあるんです……。不安になって医者に聞いたら「長い目で見ましょう」みたいなこと言われて。周囲に相談したり、話を共有できる人もいなかったから、「みんなの副作用体験」とかがあったら読みたいです。

快楽とは違う? 認知症やがんを予防する“心のときめき” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

私は、長年のがん治療の現場での体験から、この生命の躍動による歓喜こそが、免疫力、自然治癒力を高める要因だと確信しました。そして、この歓喜とは、わかりやすく言えば、心のときめきのことなのです。

列挙すれば、早寝早起き、仕事、執筆、太極拳、晩酌、旬の刺し身、女の色気、といったところでしょうか。

54歳「がん全身転移」を克服した男が走る意味 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

長身の締まった体躯、さっそうとして精悍(せいかん)な面持ち。市民ランナーとして、いかにも歴戦のつわものといった雰囲気を漂わせている。まもなく54歳を迎えるが、年に3回はフルマラソン(42.195キロメートル)に出場。今も自己記録更新に挑み続ける。

しかし肺の3分の1は機能していない。腹部からは50個近いリンパ節が摘出されている。11年前に骨折した右足首も、リハビリテーションが不十分だったために万全ではない。そして、右側の睾丸(こうがん)も失われている。

スポンサードリンク

【胃がん編】8大がん第一線の専門医が語る「予防」と「治療」の完全マニュアル | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

最近、欧米型の胃がんが増えつつある。

「従来の胃がんは位置でいうと胃の中間から下にできるのが多い。一方で欧米型は『食道胃接合部がん』といって、食道と胃の境目くらいの上部にできる。胃液や十二指腸液などの逆流も原因ではないかと言われていますが、詳しいことはわかっていません。非常に治りにくく、早く見つけて早く治すしかない」

【ピンクリボン】リスク避け、検診を がん予防最新情報 | YOUよっかいち

がん予防には、生活習慣改善などによる「一次予防」、検診などで早期発見、早期治療をする「二次予防」があると言われている。

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク